『るろうに剣心』宝塚雪組でミュージカル化!脚本・演出は小池修一郎

写真拡大

 和月伸宏さんのマンガ『るろうに剣心 −明治剣客浪漫譚−』を原作にしたミュージカルが、宝塚歌劇団雪組で2016年に上演されることが決定した。

 脚本・演出は小池修一郎、主演は早霧せいな、咲妃みゆのトップコンビが担当し、宝塚大劇場で2月5日から、東京宝塚劇場で4月1日から行われる。

【関連:実写『るろうに剣心』のパロディ動画『ふろうに剣心』が謎の完成度】

るろうに剣心

 『るろうに剣心 −明治剣客浪漫譚−』は1994年4月に週刊少年ジャンプにて連載開始後、シリーズ売上累計5900万部を超える大ヒットマンガで、これまで行われたアニメ化および実写映画化もそれぞれ大成功をおさめている。なお、本作においては今回が初のミュージカル化になるという。

 主演に決定している早霧せいな、咲妃みゆコンビは、トップコンビお披露目が細川智栄子あんど芙〜みんの『伯爵令嬢』、そして大劇場お披露目公演がモンキー・パンチの『ルパン三世』とマンガ原作の舞台化は経験があり、また評価も高い。新たに発表された『るろうに剣心』では、剣客・緋村剣心を主人公に物語が描かれる。