写真提供:マイナビニュース

写真拡大

セガの家庭用ゲーム機ドリームキャスト向けに発売されたゲーム『シェンムー』シリーズの最新作となる『シェンムーIII』の制作が決定したことが明らかになった。

『シェンムー』はセガが発売したゲームで、第1作の『シェンムー 一章 横須賀』が1999年に、続編となる『シェンムーII』が2001年に、それぞれドリームキャスト向けに発売。制作者のゲームクリエイター・鈴木裕氏は、当時に全11章構成であることを明かしたが、『シェンムーII』の後に続編の発表はなく、未完の作品として物語が完結することなく終了したと思われていた。しかし、アメリカ・ロサンゼルスで開催中の世界最大のゲームショー「E3」において、14年ぶりに続編の制作が決定。鈴木氏も登壇し、大きな話題をもって迎えられた。

開発はネイロが引き継ぎ、制作に向けて公式サイトもオープン。アメリカのクラウドファンディングサービス「Kickstarter」で資金を募ることも明らかに。公式サイトでは、鈴木氏による「Kickstarter」用のプロモーションムービーも公開されており、同氏が14年の歳月を経て制作される『シェンムーIII』への思いを語っているほか、世界観を表す映像も収められている。

これに伴いネイロは、開発スタッフを多数募集することを発表。「ゲームの新たな1ページを共に制作したい方々の参加をお待ちしております」とアナウンスしている。

2015 YSNET inc.