Doctors Me(ドクターズミー)- 女性がセックスできなくなる【4つの心理的要因】とは。

写真拡大

セックスについてよりオープンに話されるようになった現代、もっともクローズアップされるのが、“セックスレス”の問題です。結婚していたり、同棲しているカップルでさえ、気が付けば何カ月もご無沙汰……というパターンが、特に交際歴の長いカップルには高い頻度で見られます。

セックスレスになる原因は男性の性機能の問題であったり、中年期以降のカップルであれば閉経後の女性の体調であったりする場合もありますが、圧倒的に多いのは、心理的な要因です。

今回はその中でも特に、女性がセックスできなくなる心理的要因について、医師に聞いてみました。

「セックスができない…」4つの心理的理由

1. 心理的な距離が近すぎる
長い時間一緒に過ごすと、カップルというよりは家族や双子の片割れ、兄弟のような関係になってしまい、セックスをすることに違和感や罪悪感を感じてしまうケースです。

2. 相手に不満や怒りがある
表面上うまくいかせるために本音を押し殺し、心の底ではパートナーに対してかなりのうっぷんを溜めこんでいるケースがあります。

3. 子育てのことで頭がいっぱい
特に女性(お母さん)が子育てを一手に引き受けている場合には、子どもの成長や友人関係、進学、習い事など、頭は子どものことでフル回転で、セックスどころではないケースも。この場合は、子育てに参加しないパートナーへの怒りを内包している場合もあるでしょう。

4. 出産後、身体の変化を気にしている
ボディラインの崩れや、膣が緩んでしまったのではないかなど、人知れず悩んでいるケースもあります。パートナーのネガティブな評価を恐れてセックスに消極的になっていることも十分考えられます。