イソフラボンの健康効果が注目される大豆ですが、大豆に含まれる栄養はそれだけではありません。大豆にはたんぱく質やアミノ酸、ミネラルなどもバランスよく含まれ、その加工食品は、体を調節して健康を維持増進させる「機能性食品」としても注目されているのです。

大豆のたんぱく質にはコレステロールを下げる効果が

大豆は豆類の中でもたんぱく質の含有量が多く、しかもそのたんぱく質には血中のコレステロールを下げる働きがあると言われています。大豆はもともと脂質が少ないのが特徴ですが、脂質の中ではリノール酸が多いのもポイント。リノール酸には、血管に付着するコレステロールを除去する働きがある善玉コレステロールを増やす働きがあります。大豆を食べることで、動脈硬化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を予防する効果があるのです。

記憶力の強化にも貢献するレシチンやコリン

大豆の脂質には、レシチンという成分も含まれています。レシチンとその構成要素のひとつであるコリンには、脳を活性化する働きがあるのです。レシチンは脳の情報伝達に係わる神経細胞を形成するために必要な栄養素ですし、コリンは脳内で情報を伝達する物質であるアセチルコリンに変化します。記憶力や集中力を高める効果が期待できるので、もっと仕事に頑張りたいという方も、大豆をたくさん食べましょう。

老化を防止するサポニンで上手にアンチエイジング!

大豆サポニンは、大豆を食べた時にのどに残るエグミのもととなるものです。その不快感が嫌われる側面もありますが、最近ではサポニンの健康効果が次々と分かってきています。サポニンの健康効果は、老化のもとになる脂肪酸の酸化を防ぐ、活性酸素の働きを抑制する、腸を刺激して便通を良くするなど。アンチエイジングの食材としても期待できそうですね。

大豆はビタミンも豊富だった

大豆に含まれるビタミンは、ビタミンE、ビタミンB1、B2、ナイアシンなどです。ビタミンEには、血行を促進して肌をツヤツヤにする効果が、ビタミンB1やB2には皮膚や粘膜を強くする効果があります。大豆はカロリーも低めで、良質のたんぱく質やカルシウムも含まれているので、栄養バランスが崩れがちなダイエット時にもピッタリの食品なのです。納豆、豆腐、豆乳など、大豆製品を一日1回は食べておきたいですね。


writer:岩田かほる