サンフランシスコの「通勤バス・スタートアップ」が、窮地に追い込まれている

写真拡大

「新しいスタイルのおしゃれな通勤バス」の運行を開始しようとしていた、サンフランシスコのスタートアップ企業Leap社。しかし現在、カリフォルニア州規制当局の命令によって、同社は業務を停止中。バスも競売にかけられている。

「サンフランシスコの「通勤バス・スタートアップ」が、窮地に追い込まれている」の写真・リンク付きの記事はこちら

サンフランシスコで「新しいスタイルのおしゃれな通勤バス(日本語版記事)」の運行を開始しようとしていたスタートアップ企業Leap社が、窮地に追い込まれている。

Leap社は、カリフォルニア州の規制当局である公益事業委員会(CPUC)から、無認可営業を理由とする業務停止命令を受け、5月中旬に業務を停止した

その1カ月前には、Leap社のバスは車椅子用の装置などが米国障害者法(ADA)に違反しているとして、米司法省に申し立てが行われている

そしてこのほど、Leap社が所有するバスのうちの少なくとも3台が競売にかけられることが判明。競売は6月下旬に行われることになっている

バスは現在、サンフランシスコ近郊のカリフォルニア州ヴァレーホにある清算会社、First Capitol Auction社のウェブサイトにリストアップされている。しかし奇妙なことに、この項目上にはLeap社についての記載はまったくない。またいまのところ、この件に関するLeap社の投稿は、FacebookにもTwitterにもない。同社は5月19日(米国時間)を最後に、ソーシャルサイト上では沈黙しているのだ。

関連記事全米に広がる「自転車の現代型シェアリング」

2015年3月17日に開かれた試乗会(日本語版記事)では、カイル・キルヒホフ最高経営責任者(CEO)が、この日はLeap社にとって“最後の訓練日”だと語っていた。

キルヒホフCEOはその日、Leap社は4台のバスを所有していると語っている。もしかすると、同社はバスの数を減らすか、あるいは違うバスを採用してのカムバックを狙っているのかもしれない。

TAG

Arstechnica USBusCommuteStartup