カードリーダー付属で外出先でもテレビ番組やアニメが視聴可能に 東芝のSeeQVault対応microSDHCカード『MSV-RW』シリーズが発売

写真拡大


東芝は、HD画質の動画を記録媒体に保存するためのコンテンツ保護技術“SeeQVault”に対応したmicroSDHCカードの新製品『MSV-RW』シリーズを6月13日に発売しました。SeeQVault対応のカードリーダーが付属し、録画したテレビ番組やアニメを外出先でもパソコンやAndroidスマートフォン、タブレットで気軽に視聴できるのが特徴です。

SeeQVaultは、テレビ番組など保護されたコンテンツを録画した記録媒体を、対応機器間なら再生機器を変えても視聴できるようにするコンテンツ保護技術。SeeQVault対応microSDHCカードには、HDDレコーダーやブルーレイに録画した番組をダビングして持ち運びが可能になります。


『MSV-RW』シリーズでは、SeeQVault対応のカードリーダーが付属。再生機器のUSBあるいはmicroUSB端子に挿してmicroSDHCカードに録画した番組を視聴できます。SeeQVault対応のmicroSDHCカードはスマートフォンやタブレットのmicroSDカードスロットに直接挿入しても再生できなかったため、カードリーダーと一緒に持ち歩くことにより、外出先でも気軽に録画した番組を視聴できるようになりました。SeeQVaultは、iOSには非対応。

カードリーダー本体にはUSB Micro-Bコネクタを搭載。 USB TYPE-Aコネクタに変換するアダプターも付属します。

16GBと32GBの2製品をラインアップ。地上デジタル放送の画質で16GBでは2時間2分、32GBでは4時間6分の記録時間が目安となります。『REGZAサーバー』の「AVC AE」画質では32GBで34時間18分の記録時間が目安となるので、海外出張時にドラマやアニメを全話持ち出して視聴するような使い方もできますね。16GBの『MSV-RW16GA』、32GBの『MSV-RW32GA』のいずれも価格はオープンです。

『MSV-RW』シリーズ主な仕様
型番:MSV-RW16GA(16GB)/MSV-RW32GA(32GB)
インタフェース:SDインタフェース企画 UHS-I
カード最大速度:読み出し 40MB/秒、書き込み 13MB/秒
スピードクラス:UHSスピードクラス UHS Speed Class 1、SDスピードクラス Class10
準拠規格:SDメモリーカード規格準拠
電源電圧:2.7-3.6V
外形寸法:15.0mm(L)×11.0mm(W)×1.0mm(T)
質量:約0.3g
主な付属品:
SD変換アダプタ ADP-HS01
SeeQVault対応microSDカードリーダ
 インタフェース:USB2.0
 コネクタ形状:USB Micro-B/USB TYPE-A
 電源電圧:5V±5%(USBポートからのバスパワー供給)
 外形寸法:59.0(L)×26.0(W)×7.9mm(T)
 質量:約12g

SeeQVault(TM)対応 UHS-I microSDHCメモリカード/SeeQVault(TM)対応 microSDカードリーダ (MSV-RWシリーズ) 仕様 | 東芝 Pocket Media
http://www.toshiba.co.jp/p-media/microsd/sqvmsv_spec_j.htm