写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マキノ出版はこのほど、新刊『めまいは首をもめば治る』(著/入野宏昭)を発売した。

同書の著者は、めまい専門の入野医院で院長を務める入野宏昭先生。同院では、めまいの治療として、首の過緊張をやわらげる「首の3点もみ」を行っている。その方法を取り入れた後のめまいの改善率は9割で、全国各地からその指導を求め、多くのめまい患者が訪れるという。

同書によると、「あごを引き、顔を左に倒し、左耳の下から鎖骨へ伸びている筋肉をつかみ、上から下へもみます。そこで『痛い』『痛気持ちいい』という人」は要注意だとのこと。該当した場合は、「首こり」によるめまいの疑いがあるという。

同書では、「首の3点もみ」をはじめとするマッサージやストレッチを紹介。「めまいダイアリー」も付いており、めまいの改善や再発予防に役立つ自力克服法も掲載している。

価格は1,300円(税別)。

(フォルサ)