国際ヨガデー2015

写真拡大 (全3枚)

 アートオブリビングは6月21日、国連制定の「国際ヨガデー」に、東京など全国各地で、ヨガイベント『国際ヨガデー2015』を開催する。

 国際ヨガデーは、2011年に同団体創設者シュリ・シュリ・ラヴィ・シャンカール氏のよびかけで、インド国内の各ヨガ団体により申請され、インドのナレンドラ・モディ首相の尽力により、2014年12月に国連で制定された。6月21日は夏至の時期であり、すべての生命をはぐくむ太陽のエネルギーが一番高いといわれている。

 同日はインドや、アメリカ100都市、ヨーロッパ、中南米、中東、アジアなど192か国、約3,000か所で、同団体によるヨガのイベントが開催され、約500万人の参加が推定されており、ニューヨークではタイムズスクエアで約3万人が参加する予定だという。

 イベントでは、未経験者や初心者でも気軽に行える、身体をほぐすスタイルの、シンプルなスクシュマ・ヨガや、新陳代謝や免疫力の向上によいといわれる太陽礼拝などを行う。

 東京では、江東区のインディア・インターナショナルスクールで、朝7時から開催され、全世界で一番初めに行われるイベントとなる。参加希望者は、イベント用特設ホームページから申し込むことが可能。参加者全員に特製タオル、事前登録した参加者には、先着順で、シュリシュリ氏による日本語の瞑想CDを用意している。

 また、15時からは、東京のインド大使館で関連イベントが開催され、インドのナレンドラ・モディ首相のビデオメッセージも予定されている。