ホラン千秋

写真拡大

15日放送のバラエティ番組「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)で、ホラン千秋が、田中みな実アナウンサーを口撃する一幕があった。

この日は、ゲストが実践する健康法や美容術を、専門家が一刀両断する企画が放送され、田中アナは、セレブやモデルの健康法をブログで研究し、朝食を減らすよう心がけていると紹介した。

田中アナによると、朝食は吸収がよいため、しっかり食べると太ってしまうと持論を展開。また、女優のミランダ・カーを真似て、「ノニジュース(ノニの果実から調製した果汁)」も毎朝飲んでいるのだとか。

田中アナは、自身の健康法をかわいらしい素振りを交え話していたが、その様子をホランは苦虫を噛み潰した顔で眺め、ついには「ぷす〜」と声を漏らし、「私はみな実ちゃんの話を聞いていると、笑いをこらえるのに必死で」と、口撃を開始する。

まずホランは、田中アナの“ぶりっこ”ジェスチャーが気に食わないと指摘。動作のひとつひとつを取り上げ、「これ、いる?」「いい年して何舌出してんだろ、この女」と噛み付き、さらにホランは、「白湯(さゆ)も飲んでいる」という田中アナの発言を、「白湯を飲んでる自分が好きなだけ」と斬り捨てた。

また、田中アナが「女優さんとかみんな飲んでるから...」と反論すると、ホランは立ち上がり、「えっ!?女優なんですか?」と大げさに口を抑え、追撃する。

その後、他のゲストの話に移り、田中アナが同じ健康法を実践していると明かすと、ホランは「マネしている自分が好きなだけ」「マネしてもその人にはなれない」などと批判した。

これには田中アナもショックを受けたようで、涙目になる場面も。ちなみに、田中アナとホランは同じ大学出身で、ホランは後輩に当たるとのことだ。

【関連記事】
もしかして病んでる…? 田中みな実アナウンサーの「心の闇」にスタジオ騒然
ホラン千秋が「ひきこもり=人生損している」説に猛反論「もったいないという風潮がいけない」
田中みな実アナウンサーの酔った姿を大久保佳代子が絶賛「こういう子ってモテる」