リアル/非リアルが交差する「砂漠のイルミネーション」:AntiVJ、新たな映像表現に挑む

写真拡大

夜の砂漠でサボテンが赤く光り、峡谷一帯が光の炎に包まれる。これは現実なのか、と目を疑うほどの圧倒的な映像美。ヴィジュアル・レーベル「AntiVJ」の新たな才能が、映像表現の新領域を切り拓く!

ヴィジュアル・レーベル「AntiVJ」から、注目の新作映像「Dry Lights」が公開された。

「リアル/非リアルが交差する「砂漠のイルミネーション」:AntiVJ、新たな映像表現に挑む」の写真・リンク付きの記事はこちら

一見、本物のサボテンにプロジェクション・マッピングを施した屋外インスタレーションを撮影した映像に見えるかもしれないが、峡谷一帯を光らせるこの壮大なスケールのイルミネーションは、フルCGだからこそ可能な表現だ。

「Dry Lights」を手掛けたのはAntiVJのメンバー、グザヴィエ・シャサン。自身初のフルCG作品に挑むきっかけとなったのは、2年前、AntiVJのチームがメキシコのオアハカで、サボテンなどをつかったプロジェクションマッピングの屋外インスタレーションを披露したときだった。

(関連記事)サボテンが動く光のオブジェに! AntiVJのプロジェクションマッピング最新作

1週間滞在したオアハカで、強烈なインスピレーションを受けたシャサンは、その世界をCGのみで表現してみることにした。それから1年半、彼はパソコンに向かって「夜の砂漠」の制作に没頭し、サボテンや峡谷、洞窟などを光らせるイルミネーションを、画面の中で表現することに挑戦し続けた。

「アイデアを具現化しようとするとき、風邪で熱があって寝ようとするときの感覚とどこか似ている」とシャサンはコメントしている。「同じ夢や悪夢が何度も繰り返す。でもやがてそこから多くのヴィジョンやコンセプトが生まれるんだ」。

現実的にはありえない、でもどこかリアルな世界とつながっているように感じるその独特の表現は、Isotropix社の新作3Dソフト「Clarisse IFX」によって実現している。プログラミングや数学の知識がなくても、何兆ものポリゴンを一瞬にしてレンダリングできるという。

植物が光る表現などは、映画『アバター』を彷彿とさせるところもある。かつてハリウッドの膨大なコンピューティング・パワーを使って制作していたような複雑なヴィジュアルを、いまやひとりのアーティストが1台のパソコンで制作できるようになったのだ。現実と非現実が交差する「架空の砂漠と光のマジック」は、膨大なリソースが投入されるハリウッド映画のワンシーンではなく、個人アーティストの作品であるからこそ、いま観る者を圧倒する力をもつ。

シャサンが取り組むフルCGでの映像表現は、プロジェクション・マッピングのパイオニアとして知られるヴィジュアル・レーベルにとって、新しい領域へのチャレンジとなる。

TAG

AntiVJCGProjection MappingVideoWIRED JAPAN