出口治明(でぐち・はるあき)  ライフネット生命保険株式会社 代表取締役会長兼CEO  1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当するとともに、生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。2013年6月より現職。著書に、「生命保険入門 新版」(岩波書店)、「直球勝負の会社」(ダイヤモンド社)、「仕事に効く 教養としての『世界史』」(祥伝社)など多数。

写真拡大

『投資は「きれいごと」で成功する』を上梓し、社会性と経済性は両立できることを示した、鎌倉投信ファンドマネージャー、新井和宏氏。
これまで投資信託の世界で金融の常識を打ち破ってきた新井氏が、生命保険の世界で金融の常識を変えてきたライフネット生命・出口治明氏と、お金、企業、社会について縦横無尽に語り合い、その本質に迫る特別対談第1回。「お金の投票」「お金による民主主義」という言葉を通して2人が見る、生き残る会社に共通する条件とは?(写真:宇佐見利明)

最高峰の会社、やりがいのある仕事……
なのになぜ、体が悲鳴をあげたのか?

出口 書籍、拝読させていただきました。

新井 ありがとうございます。

出口 今日は、私が新井さんにご質問をして、それにお答えいただく会、と聞いています。私は生命保険、新井さんは投資信託ということで、同じ金融業界に身を置く立場でお話を伺えたらと思います。

新井 はい。よろしくお願いいたします。

出口 最初は、テレビに出られた効果から伺います。NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』にご出演されましたが、反響はどうですか?

新井 スゴイです。この間、新千歳空港でおつまみを買っていたら、店員さんから「テレビ見ました」って。声かけられちゃいました。

出口 やはりテレビの威力はすごいですね。ご著書もほぼ同時に出版されて。

新井 テレビと本が重なったのは偶然ですが、鎌倉投信を知っていただくにはいい機会でした。

出口 僕は本が好きで、頂戴した本は全部目を通させてもらうのですが、ひとつだけ決めていることがあります。それは、まず5ページから10ページ程度読んでみてピンとこなかったら読まない、ということ。この本とはご縁がなかった、と思うようにしているのです。反対に冒頭のページを読んでみて読みたいと思ったら最後まで一気に読む。オールオアナッシング、です。

新井 それは怖いですね。

出口 新井さんのご著書『投資は「きれいごと」で成功する』は全部読みました。外資系の運用会社で大きなお金を動かされていたのに、いまは「いい会社に投資をする」投資信託を運用されている。前職で体を壊されたとのことですが、これが転機になったのですか。

新井 はい。住友信託銀行から、外資系の運用会社バークレイズ・グローバル・インベスターズ(以下BGI、現在はブラックロック・ジャパン)に転職しました。当時BGIは運用規模が国内ナンバーワンだったので、最高峰の会社で仕事ができると意気込んだのですが……でも、プレッシャーもあったんですね。体が悲鳴をあげました。

出口 そうですか。

新井 忙しい最中に連休がとれて、休暇を過ごすオーストラリア行きの飛行機で倒れました。足に水疱ができたので「水虫かな」と思っていたのですが、「掌蹠膿疱症」という病気でした。ストレス性の難病です。
 私ね、仕事をする人間として「集中できない」というのが許せないんです。でも闘病中は、水疱がかゆくて眠れなくて。眠くて仕事に集中できないので、退職することにしたんです。

出口 病気の原因で、何か思い当たることはありましたか?

新井 いえ。会社も仕事も好きでしたし、年金を運用していましたから社会的責任も感じていました。でもね、辞めるときに仲間から「新井さん、よかったね」って言われたんです。なぜだか、わかりますか?

出口 いえ、わかりません。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)