バットマンvsスーパーマン始動、日本では2016年3月の劇場公開が決定。

写真拡大

クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダー監督という天才クリエイターが描く、全世界で最も有名な2大スーパーヒーロー“バットマン”と“スーパーマン”による夢の競演「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」が始動。2016年3月に劇場公開することが決定した。

昼間は大企業のトップを務め、夜は高級車でパーティに繰り出し美女たちとハデに騒ぐ変わり者ブルース・ウェイン。しかし、夜が深まる頃、彼は別の顔“バットマン”を解き放つ。バットマンは、超人でも特殊能力を持つ者でもなく、天才的な頭脳と極限まで鍛えあげた肉体と格闘スキルで、ゴッサム・シティに横行する犯罪に立ち向かう、世界中で圧倒的人気を誇るヒーローだ。

そして、本作でバットマンと対峙するのは、すべてのヒーローの原点にして、地球最強の男・スーパーマン。前作「マン・オブ・スティール」では“スーパーマン”の誕生と選ばれし者として立ち上がる姿が、度肝を抜く超高速アクションを交えて描かれ、世界興行収入は約800億円(約6億6800万ドル ※Box Office MOJO調べ)を記録した。胸に刻まれたアイコン“S”マークは、ポップカルチャーの神話の領域に達し、今もなお世界中で愛され続けている。

本作の出演キャストには、クラーク・ケント/スーパーマンにヘンリー・カビルが続投。ブルース・ウェイン/バットマンをベン・アフレックが演じ、さらに、ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンをガル・ガドット演じるほか、エイミー・アダムス、ローレンス・フィッシュバーン、ダイアン・レインが「マン・オブ・スティール」に続き出演。

また、悪役レックス・ルーサーをジェシー・アイゼンバーグ、ブルース・ウェインに仕える執事アルフレッドをジェレミー・アイアンズ、また、本作で新たに設定された役をホリー・ハンターがそれぞれ演じている。

バットマンとスーパーマンの対決は映画史に刻まれ、彼らの壮絶な戦いは、やがて世紀のプロジェクト“ジャスティス・リーグ”へとつながっていく。映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」は2016年3月全国ロードショー(全米公開は2016年3月25日)。

☆プロジェクトDCコミックス 始動

ワーナー・ブラザース映画では、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の公開を皮切りに、2020年までにDCコミック原作のアクション大作10作品の公開を予定している。6月17日(水)には、サイトもオープンする予定だ。

2016年「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
2016年「スーサイド・スクワッド(原題)」
2017年「ワンダーウーマン(原題)」
2017年「ジャスティス・リーグ Part 1(原題)」
2018年「ザ・フラッシュ(原題)」
2018年「アクアマン(原題)」
2019年「シャザム(原題)」
2019年「ジャスティス・リーグ Part 2(原題)」
2020年「サイボーグ(原題)」
2020年「グリーン・ランタン(原題)」