「ウルトラ植物博覧会」/(C)NAOHIRO TSUKADA

写真拡大

7月3日(金)より、東京・銀座のポーラ ミュージアム アネックスにて、プラントハンター・西畠清順さんによる展覧会「ウルトラ植物博覧会」が開催される。

【「ウルトラ植物博覧会」 世界中の希少植物を集めたプラントハンターの展覧会の画像・動画をすべて見る】

本展では、西畠さんが世界中を飛び回り仕入れてきたという約50種類もの希少植物が展示される。入場料は無料で、会期は8月16日(日)までとなっている。

世界の不思議な植物が勢揃い


「ウルトラ植物博覧会」1

(C)NAOHIRO TSUKADA



西畠さんは、幕末より150年以上続く花と植木の卸問屋「花宇」の5代目をつとめるかたわら、世界中から何百トンもの希少植物を仕入れるプラントハンターとして、これまでに世界数十カ国、数千種類以上もの植物を収集してきた。

2012年には、ひとの心に植物を植えるプロジェクト「そら植物園」をスタート。プラントハンターとしての経験を活かし、日本各地の企業や団体などと、植物を用いたさまざまなイベントやプロジェクトを展開し、話題を集めている。

「ウルトラ植物博覧会」2

(C)NAOHIRO TSUKADA



会期中は、西畠さんによるギャラリートークやサイン会なども実施予定。詳細は、後日ポーラ ミュージアム アネックスの公式Webサイトにて掲載されるとのこと。

西畠さんが世界各国で目にしてきた摩訶不思議な植物の世界を、ぜひこの機会に体感したい。