Doctors Me(ドクターズミー)- 仰向けで寝ると危険? 仰臥位低血圧(ぎょうがいていけつあつ)症候群とは。

写真拡大

■ 寝る姿勢で、急激な血圧低下を引き起こす!?

妊娠後期になると増大した胎児と羊水のために子宮はかなりの大きさ、重量になります。 妊娠中期から後期にかけて仰臥位(ぎょうがい:天井を向いて寝ること)になると急激な血圧低下を引き起こすことがあります。これを仰臥位低血圧症候群といいます。また、下腹部腹腔内腫瘤の患者にも同じようなことが起きます。

■ どうして起きるの?

心臓を出発した血液は体中を巡り、静脈を通り集まってまた心臓に返っていきます。静脈が集まり心臓にかえる直前の血管を下大静脈といいますが、これは体の中では背骨の前右側を走行しています。 仰臥位で寝ることで増大した子宮や腫瘤が母体の下大静脈を圧迫します。妊娠末期の妊婦が帝王切開の準備のため腰椎麻酔を行った後に多く起こります。

■ 気になる症状は……

突然にショックとなり、頻脈、悪心・嘔吐、冷汗、顔面蒼白などの症状を呈します。大きな下大静脈が圧迫されると血管がつぶれて、その先に血液が通わなくなります。心臓に通うべき血液が急激に減少し、ポンプである,心臓は空打ち状態となります。心臓に戻ってくる血液が減少すると心臓から出て行く血液も減少するため、血圧は低下し、母体の脳や胎児に循環する血液量が減少します。

仰臥位低血圧症候群が発生するとお母さんは意識レベルが低下し、気分が悪くなりひどいと気絶します。胎児の心拍数も急激に低下します。あまり長時間この状態が続くと、胎児が低酸素状態となり改善が難しくなります。

■ 対処&予防法

もし、上向きに寝て、気が遠くなってゆくような感じがあれば、すぐに左側を下にして横になってください(左側臥位)。こうすることで下大静脈の圧迫が解除され、症状がすうっと回復します。さらに、子宮を左方へ、頭側へ向けて挙上することも効果があります。

予防策としては妊娠後期には上向きで寝ないということです。横向きか、上体を少し起こして(30度くらい傾斜をつけて)か、もしくは右腰の下にタオルや毛布などを敷いて寝るようにしましょう。抱き枕を使用するのもおすすめです。