Doctors Me(ドクターズミー)- 体の不調でわかる"目の疲れ"。眼精疲労の原因と対処法

写真拡大

ただの“疲れ目”と侮るなかれ!

「眼精疲労」とはただの“疲れ目”とは違い、十分に目を休めても疲れがとれず、それが慢性化する病気です。
目を使用する作業、多くの場合は近くを見続けることによって生じる疲労のことで、目に限らず全身にさまざまな症状が出るのが特徴です。

こんな症状が出たら眼精疲労かも?

眼精疲労の症状は次のようなものがあります。

●目の症状
・目の痛みや赤み
・涙が出る
・目のあたりが重く感じる

●体の症状
・頭痛
・吐き気
・首こり
・めまい
・肩凝り

これらが複雑に絡み合い、症状に出てくるといわれています。

眼精疲労の主な原因をチェック!

原因1:ドライアイや結膜炎など疾患によるもの
対策:原疾患の治療が必要です。

原因2:目を動かす筋肉によるもの
対策:斜視や筋肉の麻痺などに伴うことがあります。特殊なメガネや手術で対応します。

原因3:パソコンやスマホの使い過ぎ、メガネやコンタクトレンズなどの矯正が強い場合、老眼や近視・遠視などの障害により焦点がずれる場合など、“視調節機能”にかかわるもの
対策:パソコンやスマホの時間を抑えること、メガネやコンタクトレンズの度数の再調整、机とイスの高さの調整や部屋の明るさ調整、適度に体操をすること、適度な休憩、同じ姿勢を続けないことなど

原因4:精神的なものでうつ病や神経症などによってみられる場合
対策:精神科での治療が必要です。

生活を見直すことが第一歩

身近に思い当たることがあればそれらを改善し様子を見て、それでも改善に乏しければ、やはり眼科を受診することが望ましいですね。生活の中でいろいろと見直すことから始めてみましょう。