Doctors Me(ドクターズミー)- 男性も高齢だとリスクあり?!子づくりは何歳まで可能?

写真拡大

晩婚化や子供を持つ年齢層が高くなることに関して、女性の側の年齢やタイムリミットばかりがクローズアップされる傾向がありますね。

一方、男性の精子量の減少、無精子症や機能的な不妊については大分認知されてきたものの、性行為を行い、射精するということそのものには女性の閉経のようにはっきりした変化がないことから、ともすれば「いつまでもできる」と思われがちです。
今回は、気になる男性の生殖機能と年齢との関係について、医師に詳しく解説していただきました!

男性も35歳を過ぎると不妊症のリスクが上がる!?

確かに、70代、80代になっても子供ができた、という話はあり、この点においてはその年代になると自然妊娠の可能性がゼロになる女性とは異なる部分もあります。

しかし、男性においてもやはり、40歳からは精子の質と量が明らかに低下するといわれています。これについて、女性の高齢出産になる年齢よりもまだ5年遅い、と考えることもできますが、海外の報告では男性も35歳を過ぎると不妊症のリスクが高くなるという研究結果もあることから、30代でも安心はできないようです。

男性の年齢が上がると流産の確率も上がってしまう!

精子は卵子と違って毎日新しく作られるから、加齢とは関係ないと思われがちです。

しかし、精子を作る工場ともいえる男性の精巣そのものが老化してくること、また、精子を育成するホルモンや精子数の減少や遺伝子異常が見られやすくなるとも言われています。

たとえ妊娠を成立させることはできたとしても、若い男性の精子による妊娠よりも染色体異常によると考えられる初期流産が増えることが知られており、35歳以下の男性と35歳以上の男性が父親の場合を比較すると流産の確率は約1.3倍ほど増える、ともいわれています。

加えて一部の病気ではありますが、生まれた子供に特定の染色体異常がある可能性も高まることが知られています。

もちろん、お父さん、お母さんが何歳であっても、ほとんどの子供さんは健康に生まれ、すくすく育ちます。