Doctors Me(ドクターズミー)- 発熱時に"悪寒"の不思議?体温は高いのになんで寒気を感じるの?

写真拡大

そもそも熱とは、どんな反応なの?

風邪を引いて、高熱を出すと、体は熱いのに「ブルブル」っとしますよね。体温は高いはずなのに寒気がするなんて、おかしいですよね。風邪を引く、これはすなわち、ウイルスや細菌などの病原体が体に侵入している、ということです。そのとき体は「異物が入ってきた」と感知して、白血球などの免疫機能が活発になります。その際、白血球は、発熱物質を放出するため、熱が出るのです。

熱が出ることを、悪いことのように捉えてしまいがちですが、じつは体の防御のためだったのですね。熱を出すことによって、病原体である細菌やウイルスの活動を抑えて、自分自身の免疫力を高める、働きがあるのです。

脳が体温を誤認していることで寒気が発生

では、熱が高くなってくるとき、体では何が起こっているのでしょうか? 正常なときの体温は視床下部という脳の一部が中枢となりコントロールされています。ところが、細菌やウイルスなどの病原体が入ってくると白血球の活動が活発化し、発熱物質が放出。これによって体温がリセットされてしまうのです。この「リセットされる」というのがポイントで、仮に40℃にリセットされてしまうと、体は「平熱が40℃」と勘違いをしてしまうのです。

そのため、その時の体温がいつもよりも高い“37℃”だとしても “3℃の温度差”で体は寒気を感じます。これが悪寒の原理です。

また、平熱が40℃にリセットされた場合、40℃以下の体温は体温低下とみなされます。そのため、体は体温を上げるために筋肉をブルブルと小刻みに運動させて熱を産生します。さらに熱が逃げていかないよう、ヒフの血管が細くなることもあり、その場合は手足が冷たくなったり、血色が悪くなることもあります。

一度、最高温度まで達すると自然と熱は下がる

一旦リセットされた体温に達すると、体温をそれ以上、上げる必要がなくなるため今度は、熱を逃がすべくヒフの血管が拡張して異常に暑くなり、汗をたくさんかきます。そしてやがて熱は、下がっていくのです。この時、手足は温かくなり色もよくなります。

このように、たとえ熱が出ても体は自然と熱を下げる働きを備えているので、熱があるからと解熱剤をむやみに服用するのは止めましょう。また、熱が出た際は、厚着や温かい布団にくるまるよりは、むしろ風通しのよい服装が適しています。熱を逃がそうとしているときに、厚着をしていると、ヒフ表面からの熱の放散が妨げられ、余計に熱が上がってしまうことがあるからです。

そして、熱が高い時は、ヒフ表面からの水分の蒸発が普段よりも増えます。スポーツ飲料などで電解質を補いつつ、しっかり水分補給をしましょう。