前略Twitchどの、今夏「YouTube Gaming」がスタートします

写真拡大

「Twitch」の買収についてはアマゾンに敗れたグーグルは、ゲームの実況をあきらめたわけではなかった。2015年夏、ヴィデオゲームのポータルサイト「YouTube Gaming」が始まる。

「前略Twitchどの、今夏「YouTube Gaming」がスタートします」の写真・リンク付きの記事はこちら

グーグルは、ゲーム実況サイト「Twitch」の買収(日本語版記事)についてはアマゾンに敗れたが、ゲームのライヴ配信をあきらめたわけではない。6月13日(米国時間)、グーグルはヴィデオゲームのプレイ動画のストリーミングを直接YouTubeで行うための新サイト「YouTube Gaming」を発表した。

関連記事アマゾンとグーグルはなぜ「ゲーム」に進出するのか

米国と英国で2015年夏からのサーヴィス開始が予定されているYouTube Gamingは、ゲームに特化したポータルサイトであり、簡単に言うと「YouTubeの『Twitch』」版だ。

「25,000本を超える」ゲームに関する情報ページや、ゲームをプレイするストリーマーたちのリストのほかに、ストリーミング界の有名人やゲーム企業のチャンネルページも用意される。もちろん、チャットも可能だ。

YouTube Gamingの検索結果は、YouTubeのそれとは別物だ。「一般のYouTubeであれば、ウィンドウに『call』とタイプすれば『Call Me Maybe』が出てくる。しかしYouTube Gamingでは『Call of Duty』が表示される」と、YouTubeのブログ投稿で説明されている。

YouTube Gamingは、そのデザインも豪華だ。YouTubeの既存のユーザーインターフェイスにゲームストリーミング機能を詰め込むのではなく、グーグルが開発したデザイン言語「Material design」に従い、インターフェイスをゼロから新しくデザインしたという。

Twitchを超えられるか

TwitchからYouTube Gamingに乗り換える人はいるのだろうか? グーグルの強みはまず、いまや誰もがYouTubeを利用していることだ。

Twitchはもともとライヴ配信が主体のサーヴィスであり、動画をアーカイヴとして長期保存することは難しい。そのため、ほとんどすべてのTwitchストリーマーが動画をYouTubeにもエクスポートしている。YouTube Gamingでは、このプロセスが自動化。つまりストリーマーは何もしなくても、すべてのライヴストリームが動画としてYouTubeにアップロードされるのだ。

また、Twitchとは異なり、YouTubeのライヴストリームでは巻き戻しをしたり、あとから視聴したりすることも可能である。

TAG

Arstechnica USGameStreamingYouTubeGaming