天然雪を使ったソリ遊び

写真拡大

新潟県湯沢町の苗場プリンスホテルは、3世代で楽しめる夏の避暑地をコンセプトとした夏季シーズン営業を、2015年7月29日から開始する。

家族それぞれにあった「"涼"体験メニュー」

標高900メートルの高原地域は8月でも日中の最高気温は平均25.6度、1日の平均気温は20.5度で東京に比べ7〜9度も低く、避暑には絶好のロケーションだ。

ホテル前のプリンス第1ゴンドラで行く標高1658メートルの山頂駅付近では、スキーシーズンから保存している天然雪で「雪山でのソリ遊び」や「かまくら体験」ができる。なお、山頂の気温が25度を超えた時は、ゴンドラの料金が無料となる。

さらに、手作りウォータースライダー「なえバッシャーン!!」など、夏らしい水遊びが楽しめるスペースも。その他、子ども向け夏の室内スキー教室「"夏"でもスキー体験」や「熱気球体験」等、自然の中で3世代それぞれが過ごし方を選べ、家族の絆が深まるアクティビティがそろっている。