洗顔していて唇の下やあごの部分がざらざらしているのを感じることはありませんか? このざらざら感はなぜ起こるのでしょうか? その理由とつるつるお肌になるケアの方法をご紹介しましょう。

あごがざらざらになる理由は?

肌は普通28日周期で新しく生まれ変わります。肌がざらざらになるのは、古い角質が剥がれ落ちず残っているからです。角質が溜まる原因にはストレスや睡眠不足、不規則な生活、栄養不足などや、紫外線、加齢、洗顔のしかたなどが挙げられます。原因を取り除くように、まずは自分の生活を見直す必要があります。

ざらざら感をなくす洗顔の方法

唇の下やあごには汗腺が多くあり、皮脂の分泌が活発です。そのため、毛穴に皮脂が詰まりやすく角質も落ちにくい場所。毛穴の汚れをとるためには、まずタオルでホットパックをして毛穴を開かせましょう。顔全体の洗顔だけを行っている人は、唇の下やあごを意識して部分洗顔をするようにしましょう。特に唇の下は洗いにくいので、下唇を口の中に巻き込むようにして皮膚を伸ばすと洗顔しやすくなります。洗顔後は汚れを残さないようにしっかりすすぎましょう。肌の乾燥がひどくなると、必要以上の皮脂が分泌されてざらざら感の原因となります。乾燥を防ぐためには、化粧水でパックした後、乳液などで保護します。夏は紫外線で肌が乾燥しやすくなりますから、外出するときには唇の下やあごにも忘れないように日焼け止めクリームを塗りましょう。

肌のケアNG集

角栓パックは汚れが良く取れるので、使いたくなりますが、唇の下やあごには頻繁に使わず、一週間に一度程度にとどめましょう。スクラブ入りの洗顔料も控えてください。パックやスクラブ洗顔は乾燥や肌が傷つく原因になります。肌が乾燥するからといって、油分を肌に与え過ぎると肌から分泌される皮脂が少なくなり、ますます乾燥するようになりますので、保湿には化粧水+乳液を使いましょう。


writer:松尾真佐代