Doctors Me(ドクターズミー)- 胸の不調は必ず受診を!誰もが隣り合わせの“心臓病”

写真拡大

胸の痛みの原因はさまざま

胸の痛みとひと言でいっても、その症状はさまざま。チクっと一瞬で終わるものもあれば、数分間にわたって圧迫感を覚えたり、ズキズキと激痛を感じるケースもあります。

共通していえるのは、これらの症状がある際は、基本的に受診が必要ということ。このような不調を引き起こす裏には、もしかしたら命に関わる危険性も孕んでいる狭心症、心筋梗塞、肺動脈血栓塞栓症など心臓、血管、肺に問題がある場合や食道破裂など一部の消化器系の病気などが隠れているケースもあるからです。

いっぽうで、心臓や肺の周りの膜や筋肉、骨の病気、食道や胃潰瘍など消化器系の病気、帯状疱疹などの皮膚の病気、心因性などの可能性も考えられます。女性の場合は、乳房のトラブルを胸の痛みとして心配されていることも多くあります。
(関連記事<バストの痛み・不快感>)

こんな胸の痛みは要注意

医師は患者さんの胸の痛みのようすを聞くことで、その原因が緊急を要するものかどうかをある程度判断できます。まずは、緊急性がある、つまりすぐに命にかかわる胸の痛みであることを除外してから、他の原因を探るためにさまざまな検査をします。
じんわり圧迫されたり、締めつけられるような痛みや30分以上続く痛み、突然起こる激しい胸の痛み、呼吸困難や食欲不振など他の症状を伴う胸の痛みは注意が必要です。

また、一般的には、緊急性のある胸の痛みは加齢に伴って増えますが、若くても過労や飲酒などで無理をすると、命にかかわる胸の痛みを引き起こすことがあります。その他、糖尿病、高血圧、高コレステロール血症などの持病がある場合や喫煙をされている方が胸の痛みを訴えた場合は、年齢にかかわらず、心臓、血管、肺の病気を念頭に置かなければなりません。
以下の症状がある場合は、胸の痛みの原因が、心臓、血管や肺である可能性があるので、時間帯に関わらず、すぐに受診が必要です。

1. 激しい痛みが急に始まった。
2. 痛みが時間経過と共にひどくなってきた。または痛くなる頻度が増えてきた。
3. 胸の痛み以外にも、冷や汗、呼吸困難、吐き気、めまい、失神などの症状がある。

受診時に医師に症状を伝えるポイント

胸に不調を感じている人は、ひとりで悩まずまずは病院へいきましょう。医師に症状を伝える時は、下記4つの情報を可能な限り具体的に伝えましょう。

1. 発症の時期
2. 持続時間(数秒・数分・数時間)
3. 頻度(今回初めてか、毎日かなど)
4. 痛みに伴う症状の有無です。

そして同時に、心臓に負担のかかる、ストレスや飲酒、喫煙などを控えたライフスタイルへとシフトすることも重要です。