高画質プロセッサーで4Kネイティブ、アップコンバートも美しく

写真拡大

ソニーは、「BRAVIA(ブラビア)」から4Kチューナー内蔵液晶テレビ「X9400Cシリーズ」(75V型)「X9300Cシリーズ」(65V型、55V型)「X8500Cシリーズ」(65V型、55V型、49V型、43V型)を2015年6月20日に発売する。市場想定価格(税別)は100万円〜21万円前後。

「Android TV」機能搭載 「Google Play」からアプリをダウンロードして楽しめる

いずれも「スカパー!プレミアムサービス」「スカパー!プレミアムサービス光」の4K放送や、動画配信サイト「YouTube」の4K動画、VOD(ビデオ・オン・デマンド)「ひかりTV 4K」「NETFLIX」「4Kアクトビラ」などの4Kネット配信に対応する。

超解像エンジン「4K X-Reality PRO」、広色域技術「トリルミナスディスプレイ」、高コントラスト技術「X-tended Dynamic Range」を、4K高画質プロセッサー「X1」が的確にコントロールすることにより、HD放送や4K放送、配信コンテンツを4Kアップコンバートや4Kネイティブ画質で再現する。

「Android TV」機能を搭載し、付属の音声検索機能付きタッチパッドリモコンを使って、スマートフォン(スマホ)のように操作してテレビ操作や動画視聴できるほか、スマホ/タブレットなどモバイル機器のコンテンツをテレビ画面に映し出せる「Google Cast」も対応。「Google Play」からアプリをダウンロードして大画面で楽しむことも可能だ。