Doctors Me(ドクターズミー)- 生理予定日前の出血…これは妊娠?【着床出血と妊娠検査薬】

写真拡大

生理予定日前の出血!これって着床出血?=妊娠!?

基礎体温を計っていると、低温期から高温期に変わる境目で、いったん基礎体温が一番下がる日があります。その日が排卵日とされていますが、妊娠した場合に、排卵日から数えて約一週間後、受精卵が子宮に着床した際に起きる出血が着床出血です。

妊娠準備ができている子宮に受精卵が着床した時に、子宮内膜の一部が出血として体の外に出てくる現象ですが、必ずしも全ての妊娠で見られるわけではありません。むしろ着床出血が見られないことのほうが多いです。

生理以外の出血の原因とは?

着床出血は、どの時期に起こるもの?

着床出血の時期は、排卵日の約一週間後〜生理予定日といわれていて、着床出血がある場合には、生理予定日の2〜3日前から生理予定日ちょうどの時期に経験することが一般的です。

もし生理周期が28日の場合には、生理開始日を1日目と数えて排卵日は14日前後、着床出血は21日頃が目安となります。しかし、排卵日は目安にすぎず実際には14日から前後することもあるので、やはり妊娠を希望している場合には基礎体温をつけて自分の高温期、低温期、排卵時期を把握しておくのが良いでしょう。

着床出血後、妊娠検査薬を使うタイミング

妊娠を希望している場合、いつもと違う出血はとても気になりますよね。
もし着床出血(と思われる出血)が見られた場合には、すぐに妊娠検査薬で試してみたくなると思いますが、この時期ではまだ正確な判定ができません。
着床出血と思われる出血が見られた場合、その後生理が来なければ1〜2週間あけて妊娠検査薬を試してみましょう。陽性反応が見られる場合には妊娠の可能性が高いですので、すぐに産婦人科を受診してください。

いつもと違う出血は不安になりますが、しばらく様子をみて対処するようにしましょう。それでも気になる場合は、病院へ相談を。