地球へ…GoProがとらえた美しい動画

写真拡大

SpaceX社は、「Falcon 9」ロケットのフェアリングの内側に「GoPro」カメラを取り付け、国際宇宙ステーションから地球へ降下する様子を記録した。GoProによる別の宇宙動画3本も紹介。

「地球へ…GoProがとらえた美しい動画」の写真・リンク付きの記事はこちら

イーロン・マスクが設立した軌道輸送サービスのSpaceX社は、ロケットを構築し、米航空宇宙局(NASA)に物資を供給するという重要な仕事のほかに、このほど、ある「実験」を実行した。

最近の「Falcon 9」ロケットの打ち上げの際に(どのロケットかは特定されていない)、フェアリング(最先端部にある、内部を守る「殻」の部分)の内側に「GoPro」カメラを取り付け、地球へ降下する様子を記録したのだ。

SpaceX社はその動画をYouTubeにアップロードしているが、非常に美しい映像だ。

GoProsカメラは、小さいが頑丈だ。国際宇宙ステーション(ISS)に複数個が設置されているのも当然のことだろう。以下では、宇宙で撮影されたそのほかの興味深い動画を紹介しよう。

・GoProスペースウォーク

NASAの宇宙飛行士テリー・ヴァ―ツは2015年3月1日、ISSの外部を歩いたスペースウォークの様子をGoProカメラで撮影した。この動画では、ヴァ―ツ氏と、同僚の宇宙飛行士バリー・ウィルモアが、C2V2(Common Communications for Visiting Vehicles)システム用に、約122mの長さのケーブルや通信用装置を取り付ける様子を見ることができる。

・地球から宇宙へ、そして帰還

この動画では、アマチュアの宇宙ファンたちが気象観測気球にGoProカメラを取り付け、それを成層圏(高度約30km)まで飛ばし、それから地球へ落下する様子を記録している。すべての飛行行程は約2時間だった。

・ロケットエンジンの「業火」

この動画では、GoProカメラが宇宙へ行ったわけではないが、ロケットエンジンによる「地獄のような炎」の中を撮影している。科学者たちがロケットエンジンの推進力や圧力、冷却機能などのデータを測定する静止テスト中のロケット下部の烈火の状況が捉えられている。

TAG

GoProISSSpaceVideoWIRED UK