モータースポーツファンを魅了する本格派モデル登場!

写真拡大

シチズン時計は、プロフェッショナルウオッチブランド「PROMASTER(プロマスター)」のLAND(ランド)シリーズより、「エコ・ドライブ レーシングクロノグラフ」3モデルを2015年7月上旬に発売する。

時刻が読みやすいアナログ表示と、デジタル表示による様々な機能を兼ね備えた本格的クロノグラフモデル。最大の特徴はモータースポーツのトップレベルで採用される、1000分の1秒までの計測が可能なこと。

レーシングモードならサーキットでの使用にも対応。距離をインプットしておけば、平均速度や最高速度表示してくれる。また、LAPモードでは計測データを20本までメモリー可能。周回タイムを記録でき、本格的な計測機器としても使用可能だ。

一方、12時位置のスモールダイヤルでは、10分の1秒と100分の1秒計測をアナログ針で表示。特に100分の1秒計測時には、針が1秒に10回高速回転し、その様子は目にも留まらぬスピードで驚きと楽しさを与えてくれるという。

さらに、世界43都市のワールドタイム機能(デジタル表示)を搭載。また、多彩な機能を司る心臓部には、シチズンのクロノグラフの中でも最高クラスのムーブメント「U700」を採用した。バイクのメーターをイメージしたダイヤルデザインなど、スポーティさとタフさを演出している。

価格(税別)は7万4000円〜7万7000円。