スペインの味をカップヌードルで表現

写真拡大

日清食品は2015年6月8日、「カップヌードル アヒージョ ビッグ」を発売した。

14年11月発売の「マッサマンカレー」、15年1月発売の「チリクラブシーフードヌードル」に続く、「世界の名物料理メニュー」シリーズ第3弾。「ウマすぎる!」と絶賛が相次ぐ一方、アヒージョの味の再現度には疑問の声も...。

食べ終わった後のスープでアレンジレシピも

「アヒージョ」はスペインの小皿料理(タパス)の一種で、魚介や野菜などの具材をオリーブオイルとガーリックで煮込んだもの。

オリーブオイルとガーリックの風味をきかせたスープに、エビ、キャベツ、レッドベル、たまご、ガーリックと彩り豊かな具材を加え、「アヒージョ」ならではの芳醇な香りと煮込んだ魚介のうまみを味わえるカップヌードルに仕上げた。

ツイッターでは、

「カップヌードルのアヒージョっての初めて食べたけど、めちゃめちゃうますぎる!」
「美味しすぎてヤバイ。箱買いしておこうかな」
「開けた瞬間ニンニクの匂い。幾分オイリーな感じもするけど、美味しくまとめてると思う」

など、味には高評価が相次いでいる。

一方、

「アヒージョ感全然ない」
「ぶっちゃけアヒージョ感は薄いので、途中で何味を食べてるか分からなくなって来る」

と、再現度は微妙、という意見もある。

「めっちゃ美味しいけどめっちゃにんにく。昼から口の中にんにく......」

とにんにくの存在感を報告する書き込みも。美味しさには期待できそうなので、再現度の高さを求めず、にんにくの臭いも気にならない状況で食べるのがよさそうだ。

「食べ終わったスープにあさりとスパゲティー入れるとボンゴレビアンコになる 一粒で二度美味しい味」

というアレンジレシピも投稿されているので、気になった人は試してみては。

希望小売価格は205円(税別)。