出しパック人気トップ3は右から「茅野舎だし」、「野菜だし」、「煮干しだし」

写真拡大

 世界的にも人気の和食。その味の要となる“だし”もまた、最近のブームとなっている。注目されているのは、手軽に本格的なだしがとれると評判のだしパック。小倉優子や梨花、松雪泰子なども愛用しているという『茅乃舎』のだしパックは、店頭に長蛇の列ができるほどの人気ぶりだ。

「素材をそのまま粉砕しているので、栄養分も丸ごととれますし、化学調味料や保存料を一切使っていないので、自然なおいしさのお料理に仕上がります。作り方は、だしパックを水から入れて沸騰後1〜2分煮出すだけ。誰でも簡単に、本格的なだしがとれますよ。袋から中身を出して、調味料として使うのもおすすめ。炒飯などはこれだけで味が決まります」(キッチンスタッフ・大竹暁さん)

 久原本家 茅乃舎 東京ミッドタウン店のベスト3を紹介しよう。

【1位】
焼きあごなど4種類のだし素材と海塩をバランスよく配合した『茅乃舎だし』8g×30袋 1944円

【2位】
野菜の旨みとコクたっぷりの『野菜だし』。和洋、どちらの料理にも合う。8g×24袋 1944円

【3位】
国産の煮干しを丸ごと粉末にした『煮干しだし』8g×30袋 1944円

【久原本家 茅乃舎 東京ミッドタウン店】
東京都港区赤坂9-7-4東京ミッドタウン ガレリアB1F
11:00〜21:00
年中無休(1月1日を除く)

※女性セブン2015年6月25日