そのフォルムが波紋を呼ぶ「岩下の新生姜ペンライト」

写真拡大 (全2枚)

「♪岩下の、新生姜」という軽快なCMソングで知られる岩下食品が、6月20日、本社を置く栃木県栃木市に『岩下の新生姜ミュージアム』をオープンする。明治32年(1899年)創業の歴史ある企業のアミューズメント施設で、新生姜に関する展示物や遊具、カフェなどもあり新しい観光スポットになりそうだが、オープン記念に作ったノベルティグッズが、予期せぬ形で注目を集めた。

 500本限定で作られた「岩下の新生姜ペンライト」(1本2500円)。新生姜を型どったプラスチックの中にLEDが入っていて、ボタンを押すと白く光る。ペンライトではあるのだが、そのフォルムが「“大人のおもちゃ”に見えてしまう」と話題なのだ。

 これはジョークグッズなのか。四代目社長の岩下和了氏(49)に開発の経緯を聞いた。

「新生姜は漬け物のイメージが強いのですが、ピザなどの現代食に入れても美味しいんです。もっと若者に食べてもらうにはどうしたらいいか、彼らへのアプローチに悩んでいたところ、“新生姜が好き”というアイドルの方と知り合ったんです。彼女のファンがライブで振るペンライトが新生姜だったら、多くの若者の目に留まるのでは、と思ったのがきっかけです」

──出来栄えは?

「ずいぶんとリアルに作ったなと思いました。ただ、理想の形よりは太い。美味しい新生姜は、もう少し細いんです」

──大人のおもちゃに似ているという声もあるが。

「普通の生姜はもっと短くてゴツゴツしていますが、うちの新生姜は特別な栽培方法で細く長く成長させている。その結果、大人のおもちゃに似てしまったのかもしれません。狙った? いや、そんなつもりは毛頭ありません! ただ、世間の反応を聞いて、販売中止の検討会も開きました」

──それでも販売する?

「オープン時期が迫っているため今さら作り直せません。色を少し変えて販売します。私どもとしては、この形はどう見ても岩下の新生姜なんです。大人のおもちゃといわれても、世の中には“似ているものがある”としかいいようがありません。あくまで新生姜型のペンライトです」

※週刊ポスト2015年6月26日号