Doctors Me(ドクターズミー)- 掻くのはNG!虫さされの跡を残さない正しい対処法!

写真拡大

かきむしってはダメ!虫さされに役立つ5つのケア

虫にさされて痒みがあると、どうしても掻きたくなりますが、かきむしったり、爪で押したり……といった間違った対処では、アザのような跡が残ってしまうことも。そんな虫さされの症状を抑え、キレイに治癒できる方法を紹介します。

[虫さされに役立つ5つのケア]
1:できるだけ早く対処することが大事。ただしかきむしったり、爪で押したり、たたいたりするのはNG!

2:毛虫などにさされ、ヒフに毛や針などが残っている場合はセロテープなどで取り除きましょう。セロテープがない場合は患部を押して異物を押し出します。それにより毒を外に出すこともできます。

3:流水で十分に洗い流してください。さされに“尿をかけるといい”などといわれていますが、あまりおすすめはできません。

4:かゆみがある場合は冷やしましょう。氷をタオルに包んで患部に当てるだけで、かゆみが引いていきます。携帯用の保冷剤や冷たいドリンクでも代用可能。水をかけて冷やすだけでも効果があります。

5:症状が少し落ち着いてきたら、虫刺されようの軟膏を塗り、患部に小さく切ったサランラップを張り付けておきましょう。そうすることで薬の効果が高まり、かつ無意識に掻くことを防ぐことができます。虫刺され専用の軟膏には、ステロイド剤が配合されているものや抗ヒスタミン剤が主体のタイプがありますが、赤みを抑えるならステロイド剤配合の軟膏がよいでしょう。ただし長期に使うと薬の副作用が心配です、なかなか治らないときは医師にご相談してください。