スマブラ for 3DS/Wii Uに『リュウ』参戦。あきまんがストIIポスター風の新作イラスト制作

写真拡大

世界最大のゲームイベントE3を直前に控えて、任天堂が昨年発売済みの『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U 』(スマブラfor) 向け新規追加コンテンツを発表しました。即日配信が始まった新規コンテンツの目玉は、追加キャラクターとしてカプコン『ストリートファイター』シリーズから『リュウ』が参戦すること。既存キャラの調整コンパチに留まらない新要素を多数備え、『特に気合を入れて作り上げました』(ソラ桜井政博氏)というだけの内容です。ほか追加は旧作人気キャラ『ロイ』『リュカ』、プププランドなど新ステージ、話題のSplatoon含む多数のMiiファイターコスチューム、新規フィギュアなど多数。機能的にはWii U版でYouTubeへのアップロードが加わり、ゲーム連携NFCフィギュアの amiibo にも Miiファイターほか全キャラが加わります。新規キャラクターのリュウは:・全体にストリートファイターII 準拠。・技がつながりやすいコンボキャラクター。・原作は6ボタン、スマブラは2ボタンだが、ボタンを押す長さで弱中強を出し分ける。・波動拳、昇竜拳はワンボタンで出せるが、コマンド入力するとやや強いバージョンになる。・必殺技にはストIVからのセービングアタックも採用。・最後の切り札は相手の距離によって二種類が発動する。・専用ステージは朱雀城。原作リュウステージから拡大して、左手にスマブラらしい高低差地形を追加したような造り。終点化にも対応。・BGMはリュウのテーマのほかケンのテーマも、アレンジ含めて収録。オリジナルのストIIを作曲した下村陽子氏が担当。気合の入れようは、『スマブラにリュウ参戦』のイメージイラストを、オリジナルのストリートファイターIIを手がけた『あきまん』(安田朗)氏が制作していることでも伺えます。下はオリジナルのストリートファイターIIポスター。春麗は順当にピーチ姫、エドモンド本田がドンキーコングなど、誰の位置がどの任天堂キャラクターに変わったか眺めるだけで楽しめます。追加コンテンツのほか、Wii U版では YouTubeへのリプレイ投稿機能が加わるなど、新機能や新システムが今後も順次追加されます。『スマブラ』はマリオカートなどと同様、任天堂にとっては末永く売れ続けプラットフォームを支えることが期待される戦略タイトル。発売から9か月を経た現在も厚い手当が用意されているようです。任天堂や他社まで含む歴代人気キャラクター勢揃いがテーマだけに、いまや任天堂の稼ぎ頭のひとつとなったフィギュア amiibo との相乗効果からも重要なタイトルです。