Doctors Me(ドクターズミー)- うれしい悲鳴!産後は勝手に体重が落ちる!?

写真拡大

シリアスにダイエットを考えなくても大丈夫

妊娠中は、お腹の中で赤ちゃんが日々成長しているため、体重が増えていきます。
一般的には、妊娠する前に比べると、出産するときの体重は7〜10kgほど増えることが多いです。妊娠前の体重が少ない方ではもっと増えることもありますし、逆に妊娠前に体重が多かった方では妊娠中の体重増加を抑えるように産婦人科の先生から指導があるかと思います。

それでは、出産したら、この増えた体重は元に戻るのでしょうか?
じつは出産直後に完全にもとの体重に戻るわけではありません。標準的な例として、妊娠前に比べて体重が10kg増えた場合を考えてみましょう。

半年〜1年で、出産前の体に戻れる

赤ちゃんの体重が約3kg、胎盤の重さが約0.5kg、羊水の重さが約0.5kgです。これらの合計4kgは、出産すると同時に軽くなります。それでは、残りの6kgは何の重さなのでしょうか?

妊娠中はホルモンの働きで、赤ちゃんの成長とともに子宮自体が大きくなったり、出産後の授乳に備えて乳房が大きくなったりします。また、赤ちゃんへ十分栄養を送るために、血液量も増え、皮下脂肪もついてきます。これらは出産後もすぐに妊娠前に戻るわけではないので、体重が妊娠前に比べて増えている理由で、生理的な現象です。ただ半年〜1年でこれらは、妊娠前の状態に戻るといわれています。

ですから、「赤ちゃんが生まれたのに、体重が戻らないまま……」とあせる必要はありません。

育児が自然なダイエットに繋がっている

そうはいっても、いつまでも体重が増えたままなのはやっぱり女性として嫌ですよね。

じつは、産後は特別なダイエットは必要ありません。日々大きく重くなっていく赤ちゃんを抱っこしてお世話をしたり、授乳をしたりするだけで、お母さんは十分にエネルギーを使っています。たとえば、生後6ヶ月の赤ちゃん(体重は約7kg)を30分抱っこして歩くと、約100kcalを消費します。また、完全母乳であれば、お母さんの取ったエネルギーのうち約600kcalは赤ちゃんへあげていることになります。