Doctors Me(ドクターズミー)- この症状が出たら病院へ行くべき!命に関わる”二次性頭痛”とは?

写真拡大

4人に1人が“頭痛もち”

頭痛に悩む方は多く、日本では4人に1人(約3000万人)が“頭痛もち”といわれています。そのうちのほとんどが、片頭痛、緊張型頭痛などの一次性頭痛。

しかし、命に関わる危険な頭痛もあります。これらは、クモ膜下出血など他の病気の症状として現れる頭痛で、二次性頭痛と呼ばれます。

今すぐ病院へ! 危険な頭痛

危険な頭痛を引き起こす原因には、脳の病気が多く、クモ膜下出血、髄膜炎(脳の感染症)、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫(頭をぶつけた後に少しずつ出血して脳を圧迫することで起き、お年寄りに多い。)などの病気が挙げられます。また、急性緑内障発作という眼の病気の症状として現れることもあり、その場合、失明の危険があるので要注意。
次のような症状の頭痛は、すぐに病院を受診しましょう。

・突然発症し、今まで経験したことがないような強い頭痛
・発熱を伴う
・手足のしびれや麻痺を伴う
・意識がもうろうとする
・急速に悪化する頭痛
・50歳以上で初めて起こった頭痛

精神的なものからくる頭痛の種類と対処法

・緊張型頭痛
一次性頭痛の22%と最も多くを占めます。頭を締め付けるような痛みが特徴です。精神的、身体的ストレスが誘因となり、首や頭の筋肉が緊張して、周りの血管が収縮し、血行不良となって痛みが起きます。まずは、ストレスの除去が第一です。また、入浴、運動、マッサージなどは血管を拡張するため効果的です。

・片頭痛
8.4%を占め、20〜40代の女性に多いです。ズキンズキンと脈打つような痛みです。まずは、暗く、静かな場所で安静にします。緊張型とは逆に、血管が拡張して痛みが起こると考えられていますので、入浴、マッサージ、アルコールなどは避けましょう。医師に相談し、トリプタン製剤などの薬の内服を行います。

・群発頭痛
0.01%で男性に多く、眼の奥がえぐられるような激痛が特徴です。誘因となるアルコールは控え、病院を受診しましょう。

まとめ

頭痛くらい大丈夫、とついつい放置しがちですが、中には命に関わる危険な病気が原因の場合もあるので、頭痛が続く、あるいはいつもと痛み方が違う……といった際にはすぐ、医療機関へ相談しましょう。

「頭痛」の詳細情報はこちら