Doctors Me(ドクターズミー)- 働き盛りの女性に、重くのしかかる“高齢出産”という名の壁

写真拡大

妊娠・出産において、35歳は立派な高齢(泣)

「高齢出産」という言葉をときどき耳にします。
日本産婦人科学会の定義では、35歳以上での妊娠・出産は、高齢妊娠・高齢出産とされています。
なぜ35歳で区切っているかというと、35歳以上での妊娠・出産では、赤ちゃんの先天的な異常や、妊娠中のトラブル、出産するときのリスクが上がるからです。

高齢出産の、具体的な3つのリスクについて見ていきましょう。

高齢出産のリスク1:赤ちゃんの先天的な異常

一般に、35歳未満の妊娠では流産率は15%程度ですが、35歳以上の妊娠では20%と高くなります。

また、染色体異常などが原因で起こる先天異常の発症頻度も多くなるのです。
染色体異常の代表例がダウン症です。この病気は、先天的に染色体の数が増えることで起こるとされており、妊娠年齢が20歳代の場合は0.2%前後ですが、35歳で0.5%、40歳で1.5%と増加していきます。

高齢出産のリスク2:妊娠中のトラブル

妊娠中は妊娠前と比べてホルモンバランスが大きく変わるため、高血圧、糖尿病になりやすくなります。
特に血のつながった家族に高血圧、糖尿病の患者さんがいる方はなりやすいでしょう。
妊娠高血圧や妊娠糖尿病があると、赤ちゃんの成長が妨げられてしまったり、切迫早産になってしまったりするおそれがあるため、慎重に妊娠経過を観察しなければなりません。
高齢妊娠では、これらの妊娠中のトラブルが起こるリスクが高くなります。

また
・前置胎盤
・常位胎盤早期剥離
・筋腫合併妊娠
などの頻度も高くなるといわれています。

高齢出産のリスク3:難産の可能性

高齢妊婦では、
・微弱陣痛
・軟産道強靭
・遷延分娩
になりやすく、結果的に吸引分娩や鉗子分娩、また帝王切開が必要になることも多くなります。

20歳代では約20%で帝王切開が行われますが、35歳以上では40%以上にもなると言われるほど。
このように、35歳を過ぎての妊娠・出産は、お母さんにとっても、赤ちゃんにとっても、さまざまなリスクが高くなります。

まとめ

安全な妊娠・出産を迎えられるよう、お子さんを望まれている方はパートナーと早めに計画を立てておきましょう。