Doctors Me(ドクターズミー)- かぜ? 喘息? 副鼻腔炎? 子どもの咳は、重要なサインです。

写真拡大

そもそも咳というのは、なぜ出るのでしょうか。咳というのは、口から肺につながる気道(空気の通り道)のどこかに、外部から侵入した、風邪のウイルスや細菌、ほこりなどの異物がある時、その異物を排除しようとして反射的に起こる人間の自然な防御反応です。

自らの症状を訴えることのできない赤ちゃん、乳幼児の場合、咳は発熱とならんで体の異常を伝える重要なサインでもあるので、咳を認めた際は、注意深く見守り、治らないようであれば小児科を受診する必要があります。

また、風邪などの呼吸器感染症の他、気管支喘息、気管支炎、副鼻腔炎などの可能性があります。今回は、子どもの咳から多くみられる、5つの病気について医師が解説します。

その1:普通感冒(かんぼう)、かぜ症候群

一般的にいわれている“風邪”のこと。鼻からウイルスが感染して、3日程度で鼻みずや鼻づまりとなり、その後に咳が始まることがあります。子どもから大人まで誰でもかかる病気のひとつです。

その2:クループ症候群

“ケン、ケン”と犬が吠えるような咳、犬吠様咳嗽(けんばいようがいそう)が特徴。喉の奥が炎症で腫れて、呼吸困難を起こす危険な病気です。幼児に多くみられ、風邪症状に引き続いて起こります。ほとんどがウイルス性ですが、ひどくなると入院治療が必要となることも。

また、喉の奥にある空気の通り道が炎症を起こし、腫れ上がると、呼吸ができなくなり、窒息する可能性がでてきて大変危険です。このような症状を認めた際は、早急に小児科を受診しましょう。

その3:急性気管支炎

気管支に炎症が及んだ状態で、発熱、乾いた咳で始まり、次第に痰をともなう湿った咳へと変化します。原因はウイルス感染によるものが多く、原則は咳止めや、痰が出やすくなるような薬などで様子をみます。

高熱で膿性痰(のうせいたん)がある場合や、黄色や緑などの色がついた痰がある場合は、細菌感染も考えられますから、抗菌薬(こうきんやく)を内服します。子どもだけではなく、大人にでもみられる病気のひとつです。

その4:肺炎

発熱、咳、痰などが主な症状です。子どもが患う肺炎の原因(原因微生物)は年齢によって異なります。

新生児期には、B群連鎖球菌、大腸菌などの腸内細菌、 1〜2歳では、多くのウイルス、肺炎球菌・インフルエンザ菌といった細菌が多いようです。2〜6歳では、肺炎球菌・インフルエンザ菌、肺炎マイコプラズマ・肺炎クラミジアといった菌が多く、学童期以降では、肺炎球菌やインフル工ンザ菌が少なくなり、肺炎マイコプラズマ・肺炎クラミジアが主な原因とされています。

その5:百日咳

特徴的な咳や、長引く咳が主な症状です。乳児に多い病気とされていましたが、最近は学童期以降や成人にもあることがわかってきました。治療には抗菌薬(こうきんやく)を投与します。

(監修:医師 佐藤 留美)