マット・デイモン、また取り残される──新作SF映画『火星の人』予告編

写真拡大

『エイリアン』や『プロメテウス』で有名なリドリー・スコット監督の新作SF映画『The Martian』(火星の人)の予告編が、2種類公開された。火星に取り残された主人公の宇宙飛行士をマット・デイモンが演じる。

リドリー・スコット監督に「お帰りなさい!」と言うのは時期尚早だろうか。おそらく、そうなのかもしれない。これは、スコット監督の新作SF映画『The Martian』の予告編第1弾に過ぎないのだから。

「マット・デイモン、また取り残される──新作SF映画『火星の人』予告編」の写真・リンク付きの記事はこちら

だがこの作品は、ベストセラーになったアンディ・ウィアーによる同名小説『火星の人』を映画化したもので、大いに期待されている。予告編は3分を超える長さで、驚くべき要素が詰まっている。

予告編の最初の30秒間では、ジェシカ・チャステイン、キウェテル・イジョフォー、ジェフ・ダニエルズ、ドナルド・グローヴァー、ケイト・マーラ、クリステン・ウィグといった俳優たちと火星が登場。続いて、マット・デイモンが現れる。デイモンが演じるのは、タイトル通り「The Martian(火星の人)」となる主人公の米国人宇宙飛行士マーク・ワトニーだ。

ワトニーは、火星への有人ミッションに参加していたが、大きな砂嵐に見舞われて、ほかの搭乗員たちが火星を離れた際にひとり取り残される。ほかの者からは死んだと思われたが、ワトニーは、闘わずに屈する男ではなかった。それは『インターステラー』で彼自身が演じた人物、ヒュー・マン博士と同じだ。

関連記事現実に起こる!?『インターステラー』が見せた未来

ワトニーには、米航空宇宙局(NASA)やほかの搭乗員たちと連絡をとる方法はなく、肥沃な土壌もない。物資は31日間生き延びるだけのものしかない。残された唯一の選択肢は、故郷に連絡をして捜索隊を派遣してもらう方法を見つけるまで、「科学知識を駆使してこの状況に打ち勝つ」ことだ。

おそらくこの作品に関して最も明るい材料は、『エイリアン』や『プロメテウス』で有名なスコット監督が、2005年公開の『キングダム・オブ・ヘブン』から昨年公開の『エクソダス:神と王』まで続いた「長い昼寝」から目覚めたように見えることだろう。スコット監督は偉大なヴィジョナリーとして、世界にまた認められるだろうか。期待して見守りたい。

関連記事マット・デイモン、“人類の未来”を語る

TAG

InterstellarMovieRecommendRidleyScottSci-fiVideoWIRED US