Doctors Me(ドクターズミー)- 薬とアレルギーの関係。もしアレルギー反応がでたらどうすればいい?

写真拡大

薬によるアレルギー反応はどうして起こる?

人間の体には、自分の細胞とそれ以外の異物を区別し、異物を排除しようとする免疫機能が備わっています。時にこの免疫機能が過度に反応すると、人体に有害な症状があらわれることがあり、これをアレルギー反応といいます。アレルギーの原因となる物質は、花粉、ダニ、食物などさまざまですが、人によっては、病気を治すために飲む薬によりアレルギー反応が起きることがあります。

どんなアレルギー反応がある?

症状として多いのは、体にブツブツができる(皮疹)、目やヒフのかゆみ、顔や唇の腫れ、喘息のような呼吸などです。めまい、耳鳴りなどが出る場合もあり、同じ薬でも、人によってあらわれるアレルギー反応は違うことがあります。重症になると、アナフィラキシーショックといい、血圧が下がり、意識を失ったり呼吸困難を起こすなど、命にかかわる状態になることも。
薬物アレルギーを起こしやすいといわれている薬は、ペニシリン系やセフェム系の抗生剤です。その他、鎮痛剤、非ステロイド系抗炎症薬、ホルモン剤、造影剤なども、他の薬に比べてアレルギー反応が出やすいといわれています。

薬でアレルギー反応がでたら?

すぐにその薬を中止し、医師や薬剤師に相談しましょう。薬の使用をやめると、ほとんどの場合はアレルギーも治まります。万が一、アナフィラキシーショックの症状が出たら早急に救急車を呼んで下さい。一刻も早く、適切な治療を受けることが重要になります。

まとめ

アレルギー反応は個人の体質によって異なりますので、薬の内服でアレルギー反応と疑われる症状がでたら記録をしておき、次の受診時、必ず医師・薬剤師に伝え、その薬を内服しないようにすることが大切です。