張本勲氏がX GAMESを完全否定「何か面白いのかね」

写真拡大

14日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、野球評論家の張本勲氏が、速さや高さなどで離れ業を競う「X GAMES2015」に苦言を呈する場面があった。

この日の番組では、米国で開催された「X GAMES2015」の競技の様子を伝えた。自転車が高さ20mのジャンプ台から助走し、回転する「BMX ビッグエア」、バイク版の走り高跳びといえる「モトクロス ステップアップ」などを紹介した。

VTR中では、試技に失敗して選手が激しく転倒する危険な場面も紹介していた。

VTR明け、御意見番の元プロ野球選手の元木大介氏が「あっぱれ」を出した瞬間、バーチャル出演していた張本氏がそれをさえぎるように「何が面白いのかねー」とあきれた様子で一言。

さらに、「骨折はおろか命が危ないのに」「見ているほうがハラハラする」と率直なコメントを続け、他の出演者陣も苦笑気味に。

司会の関口宏が「そこがおもしろい」と意見すると、張本氏はすぐさま「何が面白いのかね?」と反論し、続けて「冒険かな、危険なのが面白いのかな。私には分からない」と首を傾げ、終始競技そのものを理解できない様子だった。

一方「あっぱれ」を出した元木氏はX GAMESに理解を示し、「アメリカらしい競技ですね」と表現したほか、「日本人選手が必ず出てきますから。活躍してほしいですね」と期待していた。

張本氏は、過去にもエアレースに疑問を呈するなど、専門外の競技に対して苦言を呈している。

【関連記事】
張本勲氏が川崎宗則のマイナー降格に苦言「野球生命終わっちゃうよ」
加藤浩次が横浜FC・三浦知良の最年長得点記録を称賛「おじいちゃんの戯言を黙らせた」
張本勲氏がサッカー日本代表監督に内定したハリルホジッチ氏の契約金に苦言