「まだ若いのに抜け毛や薄毛がある!」と悩んでいませんか? 髪にはたんぱく質の主要成分であるケラチンを合成する亜鉛やビタミンなどの栄養素が欠かせません。しかし不規則な生活習慣、ストレスなどにより十分な栄養補給ができなくなると髪に悪影響が現れます。ここでは、髪を健康に保つために摂りたい栄養素と髪のケアについてまとめてみました。

30代なのに老人性脱毛症?

老化によって頭皮の細胞の活動が低下し起こる脱毛症を「老人性脱毛症」といいます。加齢による抜け毛かと思われがちですが、早い人は30代から症状が現れるようです。抜け毛や薄毛は、毛根にある毛母細胞の栄養不足が原因。睡眠不足や不規則な食生活、ストレスは脳の血流を阻害しますし、たばこは、一酸化炭素の吸引により毛細血管まで酸素が行き渡らない状態を作り、やはり血流を悪くします。生活を見直して、血流を悪くする原因を除いていくようにしましょう。

髪が必要とする栄養素を摂る

髪が必要としているのは、たんぱく質の主要成分であるケラチン、ビタミン、ミネラルなどです。ケラチンは髪の毛の主成分で、亜鉛が不足すると合成ができなくなります。抜け毛が気になる人は豚レバーや牛もも肉など肉類、牡蠣、豆や納豆などの大豆加工品、海藻類、うなぎ、イワシなどを摂るように心がけましょう。

オイリーヘアの人も注意

脂性肌で汚れが溜まりやすい人、頭皮に炎症ができやすい人はビタミンB群を摂ることをおすすめします。皮膚の炎症を抑えて皮膚の新陳代謝を促進する効果が期待できます。レバー、卵、豆や大豆加工品、緑黄色野菜、魚類、玄米などに多く含まれます。コラーゲンの生成を助けて皮膚を丈夫にするビタミンC、乾燥肌の人に効くビタミンA、毛細血管を拡張しすみずみまで栄養を行き渡らせるビタミンEなどのビタミンも合わせて摂ってください。

適切なヘアケアも予防になる

また、栄養の補給だけでなく、髪の汚れや紫外線、強いパーマやひっつめ髪なども抜け毛や薄毛の原因になります。洗髪をしっかり行い、こまめにブラッシングするとともに、運動や頭皮マッサージなど血流を促すアプローチも試してみましょう。


writer:松尾真佐代