2Dから「3Dホログラフィック体験」をつくり出す装置(動画あり)

写真拡大

2Dデジタルコンテンツを「3Dホログラフィック体験」へと変換する「Holus」。ガラスのピラミッドにコンテンツを投影することにより、あらゆる角度から立体的に見える映像をつくり出す。

ホログラムはこれまでにたくさんのSF映画に登場してきたが、そうした期待が現実世界ではまだ実現していない。「Holus」という新しいデヴァイスが目指しているのは、まさにその「ホログラム的なもの」を家庭にもち込むことだ。

「2Dから「3Dホログラフィック体験」をつくり出す装置(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

Holusは、2Dデジタルコンテンツを使用し、それを「3Dホログラフィック体験」へと変換する装置だ。ガラスのピラミッドにコンテンツを投影することにより、あらゆる角度から立体的に見える画像をつくり出す。

「共有される立体映像」の活用例としては、ゲームのほか、通信や教育の分野でも使用できる可能性がある。例えば太陽系のインタラクティヴなモデルや、仮想の電話会議などだ。

Holusには将来的に、視線追跡技術や脳波センサーの機能も搭載される予定だという(以下の動画)。

カナダの企業H+ Technologies社が開発したHolusの可能性に、人々はすでに魅了されている。Kickstarterキャンペーンでは、わずか2時間の間に、当初の調達目標額の50,000カナダドル(約502万円)を達成(締め切りまで28日を残して、調達額は190,000カナダドルを超えている)。

すべての人が同じ立体効果を見ることができるHolusは、グループでの鑑賞に適しているといえるだろう。経験を共有できることが、この製品の中核を成す要素なのだ。「Holusは、ソーシャルなキャンプファイヤー経験をつくり出すことを目指しています」とH+ Technologies社は説明する。「リアルな瞬間を誰もが共有できることにより、人々を結びつけるのです」

Holusには、家庭用とプロ用の2種類が用意される予定だ。家庭用は、ふたつのスマートフォン充電ドックを備えている。プロ用には、HDMIポートが搭載されているとともにSDKツールが付属しており、開発者たちがHolus向けにソフトウェアを開発できる。

H+ Technologies社はHolusの高級ヴァ―ジョンも計画しており、テクノロジーショーで使用するためのルームサイズモデルを作成しているそうだ。

しかし、Holusの価格は安くはない。「アーリーバード(早期)」支援者の枠はすでに埋まっており、家庭用モデルには850ドル、プロ用モデルには950ドルを支払うことになるだろう。H+ Technologies社は、2016年8月までの納品を目指している。

TAG

HologramKickstarterVideoWIRED UK