夏はもうすぐそこ! 水の流れる音や川風を感じながら、開放的になれる水辺のテラスで一杯なんていかが? 今年は都内にいながら水辺のテラスで涼を楽しもう。



アイランドの壁面は、さらさらと水が流れ落ちる滝となっており、その優しげな音色がリラックス感を演出してくれる。
リゾート気分が味わえるプールサイド
『CICADA』

表参道


夜遊び上手な大人にとって、すっかり表参道のシンボル的存在として定着した『CICADA』。環地中海料理を味わいながら、ピロティにはビアバー、プールのなかにはアイランド席を設けるなど、解放感があってリラックスできる店だ。

ここでぜひとも味わいたいのが『T.Y.HARBOR BREWERY』の6種のビール。特に水辺のアイランドは、足元に感じられる水の気配や壁沿いに流れる滝の水音が心地よく、ビールの美味しさもアップする魅力的な空間。



人気メニューのひよこ豆のディップ “ハムス”

オリーブの木の床やキャンドルライティングなどが醸し出す雰囲気もくつろぎを誘うポイントだ。調度品はタイやベトナムから輸入されたものも多く、ヨーロッパのリゾートのようなラグジュアリーな空間となっている。この夏、足を運びたい。




隅田川越しにスカイツリーを眺望
『プリバード』

蔵前


こちらのプライベートサロンでは、ぜひともテラス席でビールを味わいたい。というのも、その眺望の良さは唯一無二。眼下には、きらめきを湛えた隅田川がたゆたい、首都高のテールランプが流れる向こうには、東京スカイツリーがそびえる。これだけの条件が揃った場所は、ここをおいて他にないだろう。



季節ごとの旬な食材を使った前菜の盛り合わせは品数も多く、コストパフォーマンスの高い人気のメニューだ

店内はゆったりとしたレイアウトで死角も多く、しっとり系の雰囲気。人気のリバーサイドテラス席をはじめ、メインフロア、ガーデンテラスなど異なる空間が用意されているので、相手やシーンによって使い分けることも。リバーサイドテラスではスタッフをベルで呼べるシステムも、二人の時間を大事にするデートにはぴったりだ。


多摩川沿いでまったり過ごす隠れ家的カフェ



カフェはガラス張りとなっており、解放感のあるデザイン。これからの季節はぜひテラス席で川べりの風を感じながらくつろぎたい。※テラス席の利用は22:00まで
多摩川沿いでまったり過ごす隠れ家的存在
『CHICHI CAFE』

上野毛


川沿いならではの、のどかな空気と抜け感のある空。くつろぎを生み出す条件を備えたカフェは、地元の人々に愛されている隠れ家的存在。そのまったりとした雰囲気と穏やかな居心地の良さは、文庫本を片手にテラス席でビールを呑みながら夕涼み、という楽しみ方をするのにもぴったり。ランチから営業していることもあってか、あまりに快適なため、なかには4〜 5時間ほど長居する人もいるという。



博多明太子の薫製は自家製の自慢の品。しっかりと香りがついており、ビール好きならこれを齧りながら何杯でも呑めてしまいそうな味(¥650)

また、駅からほどよく離れている立地のため、二子玉川でショッピングを楽しんだあと、多摩川沿いを散策しながら、ここでひと休みするのもおすすめだ。力を抜いてリラックスしたいとき、大切な人と訪れたい、とっておきの場所として覚えておきたい。