綾瀬はるか“手作り”アピール、2日がかりで特製バースデーケーキ。

写真拡大

女優の綾瀬はるか(30歳)が6月13日、都内で行われた映画「海街diary」の初日舞台挨拶イベントに登壇。6月は本作の公開だけでなく、偶然にも共演者の長澤まさみ(6月3日生まれ)、夏帆(6月30日生まれ)、広瀬すず(6月19日生まれ)、是枝裕和監督(6月6日生まれ)と4人が誕生月だったことから、綾瀬がサプライズで“特製バースデーケーキ”を作り、プレゼントした。

この日はとても早起きしたという綾瀬は、壇上でサプライズ誕生日プレゼントを用意してきたことを明かし、特製ケーキが登場。前日にスポンジを焼き、当日であるこの日にデコレーションをしたという綾瀬の様子がスクリーンに映し出され、本当に自ら手がけたことをアピールした。

ケーキのデザインについては、「てっぺんのグレープフルーツは、鎌倉の朝日です! そしてまわりの青でちょんちょんってしているのは波をイメージしました!」と力説。「キレイにまあるくクリームを塗るのが難しかった」など苦労したエピソードも明かした。

実際にケーキを口にした面々は、ぞれぞれに「おいしい!」と感想をのべるものの、作った当の本人からは「朝ハミガキしてその味とまざってよくわからない……」など珍回答。会場は笑いに包まれた。

映画「海街diary」は全国公開中。