コミュニケーションで愛情を深められる体位はコレ!

写真拡大

ふだんの会話だけじゃなく、ベッドの上でも彼とより親密にコミュニケーションできたら…。そんな想いから2人の関係がさらに深まるような体位を知りたい! 

「いちばんのおすすめは、対面座位です。顔が見えて言葉をかけられるうえ、密着度が高いのでコミュニケーションがとりやすいのです」と幸せな「ラブライフ」のあり方を提唱するOLIVIAさんは説明する。

たしかに顔が見えるし、体の触れ合いも多くなりそう。でも、どうすれば自然な流れでその体位になれるの? 

「まずは正常位でつながって、それから女性が起き上がると自然にできるはず。彼に伝えるときも、『座ってしたい』と簡単な言葉で伝わります」(同)

ときどき体を反らせてみると女性が快感を得やすいのも、この体位のいい点だとか。ほかには、女性が四つん這いにならずにペタンとうつぶせになり、彼も重なるようにうつぶせになってする「うつぶせバック」もおすすめだそう。

「密着してささやき合えるのがこの体位のいいところ。ふつうのバックと違って顔が近いので、女性が顔を横に向けるだけで声をかけられます」(同)

できれば、「こういう体位が好き」という意見を率直に彼に伝えるのも大切。こうした、一体感を感じて安心できる体位を好きという男性も多いはず。

「また、どの体位でも、手をつないで目を見つめ合うだけで一体感が高まるもの。恥ずかしいから目をつむってしまう人もいると思いますが、ぜひ彼の目を見つめてみてください」(同)

対面座位のとき、どうしても顔をじっと見続けるのが恥ずかしかったら。ギュッとハグするのも気持ちを伝える一手、とOLIVIAさん はアドバイス。いつもの体位やセックス中のコミュニケーションをちょっと見直したら、彼との愛情がもっと深まるはず。

OLIVIA
ラブライフアドバイザー。2003年より、「触れ合うことの癒し効果」と「美容と健康」を研究すべく、アロマセラピストとして活動開始。2007年からセックスアドバイザーとして活動開始。2010年よりラブライフアドバイザーに改名。性行為だけでなく、食生活やメンタルケアを含む生活全般の「ラブライフ」の在り方を提唱する。ラブライフを楽しむための講座や、サロンでのアロマトリートメントも行っている。著書『最高に気持ちがいい!感じるセックス、飽きないセックス』(実業之日本社)など。