Doctors Me(ドクターズミー)- とてもツラい「つわり」…食事対策5つ!

写真拡大

一般的にツラいのは、胎盤が完成するまで

つわりの症状が出るのは、

期間:5、6週〜13、14週
ピーク:8〜10週

といわれています。胎盤が完成する16週頃には、多くの場合つらい症状はおさまりますが、個人差があるので、出産まで続くという方もいます。

つわりの症状は人それぞれですが、主に以下3種類があります。

つわりの症状その1:吐きづわり・匂いづわり

一般的なつわりの症状です。
さまざまな匂いに敏感になり、時には大好きな食べ物の匂いでさえも、吐き気がするようになります。一日中、このような状態の方もいますし、ある時間帯だけ匂いに敏感になる方もいます。

つわりの症状その2:食べづわり

常に何かを口にしていないと、気分が悪くなる、といった症状が出ます。症状には個人差があるのですが、小腹が空いた時に気分が悪くなる方や、食べないと気分が悪くなるけれども、食べると吐いてしまう……といった、吐きづわりと食べづわり両方の症状が出る方もいます。

食べづわりは、空腹時に気分が悪くなりやすいので、飴や小さいお菓子やおにぎり、パンなどを携帯し、こまめに摂取したらいいでしょう。ただし、食べ過ぎによる体重増加には気をつけましょう。

つわりの症状その3:眠りづわり

寝ても寝ても、まだ眠たい……というのが眠りづわりの症状です。常に眠くてダルいといった軽い症状から、眠気が我慢出来ず、気付けば仕事中にも関わらずコックリコックリ頭を揺らしている……という、生活に影響を及ぼすほどの強烈な眠気に襲われる方もいます。

つわりのときの、食事対策5つ!

1:症状がツラい時は、食べられそうなものを食べる
2:どうしても食べれないときは、せめて水分・塩分を摂取
3:つわり症状を緩和するビタミンB6を摂取
4:少量ずつ、食べられるときに食べる
5:油ものを控え、消化の良いものを中心に

つわりの時の“神食” って?

一般的に、
・炭酸飲料
・アイスクリーム
・ゼリー
・果物
…などが、つわりの時にでも食べられる “神食” といわれています。しかし、味覚にも個人差がありますので、誰にでも当てはまるのは限りません。自分が食べたい、と思ったものを試していきながら、体に合う食べものを見つけるようにしたいですね。