<スターツシニアゴルフトーナメント 2日目◇13日◇スターツ笠間ゴルフ倶楽部(6,950ヤード・パー72)>
 国内シニアツアー第3戦「スターツシニアゴルフトーナメント」は2日目の競技が終了。初日首位と1打差の3位タイにつけた室田淳が、この日9バーディ・ノーボギーの“63”と猛チャージ。トータル15アンダーまで伸ばし単独首位に浮上、今季初勝利に王手をかけた。
国内シニアツアーをフォトギャラリーでチェック!
 この日、6アンダーからスタートした室田は出だしの1番でバーディ発進を決めると、前半で4バーディを重ね首位に躍り出た。後半に入っても勢いは衰えることなく、10番、14番、さらに16番から3連続バーディで締め一気に後続を突き放した。
 試合後のインタビューでは「久しぶりにいいラウンドだったね」と会心のラウンドを振り返った室田。この日はショット、パットとも冴えてバーディを量産した。
 この大会2年連続で2位とあと一歩で優勝を逃してきたが、それについて室田は「3年連続でもいいよ。結果よりも優勝争いの中、1つでも多くバーディを取ることが大事だね」と気負わずに最終日に臨む構えだ。
 その室田と4打差のトータル11アンダー2位には田村尚之と久保勝美の2人がつける。続くトータル10アンダー4位には比嘉勉。さらに尾崎直道がトータル9アンダーで5位。初日首位の崎山武志と東聡やフランキー・ミノザ(フィリピン)ら7人がトータル8アンダーで6位タイとしている。
【2日目の結果】
1位:室田淳(-15)
2位T:田村尚之(-11)
2位T:久保勝美(-11)
4位:比嘉勉(-10)
5位:尾崎直道(-9)
<ゴルフ情報ALBA.Net>