Doctors Me(ドクターズミー)- 幼児にとって理想的な生活リズムとは?

写真拡大

乳児よりは大人に近い。しかし大人と同じはNG。

乳児では、日中2〜3時間置きの授乳と、頻回の睡眠。そして夜間も数回、授乳をする、といった生活リズム。

いっぽう、自分で歩けるようになった幼児では、大分大人に近い生活リズムになっていきます。しかし、大人とまったく同様の生活リズムでは、発達成長上、望ましくありません。今回は、そんな幼児にとっての理想的な生活リズムについてお話します。

幼児にとって理想的な睡眠時間とは

「寝る子は育つ」と言うように、子どもにとって睡眠は脳の発達に大きな影響を及ぼします。脳が未完成な子どもにとって、良質な眠りや規則正しい眠りは大人の何倍も大切。目安は「夜9時までに眠り、朝7時までに起きる」規則的な生活です。これが心身共に元気な子どもを育てる基本となります。

なぜ早寝早起きが良いのか

体や脳の成長発達に必要な「成長ホルモン」は、入眠して4〜5時間分泌されます。そして、この成長ホルモンは「夜9時〜深夜1時」の間には、なんと他の時間の2倍も分泌されるのです。そのため、夜9時までに寝ることで、成長ホルモンの分泌が一番活発な時間に熟睡出来て、体や脳の成長発達が活発になるのです。

日中は外で元気に活動させよう

「メラトニン」というホルモンをご存じですか?

このホルモンは、情緒安定作用や、性の成熟に影響のあるホルモンですが、メラトニンは昼間にしっかり太陽の光を浴びることにより、夜によく分泌されます。メラトニンが夜間睡眠中に十分に分泌されれば、睡眠中も精神が安定し、夜泣きも抑えられるといわれています。

夜泣きにお困りのお母様は、是非お子様の夜泣き防止策として、「昼間外でしっかり遊び、夜は暗くしたお部屋で早めに寝かせる」ということを習慣にしてみてください。