ミスを恐れていたと明かす阪口「ボールを受けるのが怖くなった」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のグループステージ第2節が12日に行なわれた。グループCのなでしこジャパンはカメルーン女子代表と対戦し、2−1の勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めている。

 なでしこは前半のうちにDF鮫島彩とFW菅澤優衣香の得点で2点のリードを奪うと、後半終了間際に失点を許すもなんとか逃げ切り、大会連覇へ向けてまずはグループステージ突破を果たした。

 初戦のスイス戦に続きこの日も先発出場となったMF阪口夢穂は試合後、「2点を取るまではなかなかいいペースだったと思いますが、そこからリズムが悪くなってしまいました」と、リードしてからの試合運びがうまくいかなかったとコメント。

 その理由として「パスをカットされてカウンターを受けはじめてから、私も含めてみんなボールを受けるのが怖くなったというか。みんなの立ち位置が一歩ずつ悪くなったと感じています」と、自身の見解を示している。

 そして「勝って反省できることはいいことだけれど、勝って喜びたいです」と、次の試合では結果はもちろん、内容的にも納得のいく勝利を目指したいと話した。

 なでしこジャパンは16日にグループステージ第3節でエクアドル女子代表と対戦する。