Doctors Me(ドクターズミー)- 《教えてお医者さん!》暑くても汗が出ない。これって体質? それとも病気?

写真拡大

嫌なイメージをもたれやすい、汗にはどんな役割があるの?

暑いときや緊張したとき、顔や手のひら、体からじわっと出てくる汗。 ベタベタするし、服は濡れるし、化粧は崩れるし、ニオウし……と、汗というと、どうしても嫌なイメージがつきまといますよね。 しかし汗は体にとって、重要な役割を果たしているのです。

汗には、重要な役割があった!

汗の重要な役割は、体温調節。運動や暑い外気に触れて、体内で熱が生産されたときに体外へ熱を放出することで熱量のバランスを取り、体温を一定に保っているのです。 その役割を担っているのが汗。汗には熱を体外へ放出するという大切な役割があるのです。

汗は、2種類の腺から分泌される。

1:エクリン腺
爪の下や唇以外の体全体に分布し、汗の量を左右。主に、体温調節のために働いています。エクリン腺からの汗はほとんど(99%以上)が水です。

2:アポクリン腺
外耳道や外陰部などごく限られた場所にのみ分布し、そのほとんどが脇の下にあります。 エクリン腺の役割は、体温調節ではなく、ニオイの原因となる汗を出すこと。 アポクリン腺の分泌液のニオイは「ワキガ」などと呼ばれて、すっかり嫌われています……。

汗をかけないのはなぜ?

汗は自律神経によってコントロールされており、自律神経が乱れると汗が出過ぎたり、逆に出なかったり、と正常に機能しなくなってしまいます。汗をかきにくい、という人は特に暑い季節に冷房のきいた場所で過ごしている方が多いと思います。冷房で体が冷えきって、熱の発散を抑えるよう、体が働いてしまうのです。 つまり、体質というよりは生活習慣によるところが大きいでしょう。

年齢も原因のひとつかも!?

年齢を重ねると、汗腺機能の低下で汗をかきにくくなります。もっとも多いのが、下肢汗腺の老化。それによりヒフが乾燥し、かゆみに悩まされるという方も。

重大な病気が隠れているケースも……。

汗を欠きにくくする病気として考えられるものには、以下の3つがあります。

<糖尿病>
末梢神経が障害されるほど進行しえしまうと、下半身の汗が出にくくなります。

<甲状腺機能低下>
体温調節ができなくなり、汗をかかなくなります。

<シェーグレン症候群>
自己免疫疾患の病気で、汗腺だけでなく全身の腺組織が炎症を起こし皮膚も目も口も乾いてしまいます。 このような全身の無汗症では、体温調節ができないので、常に涼しい所にいないと熱中症となり生命の危険を伴います。