TwitterのCEOは、スヌープ・ドッグにおまかせあれ?

写真拡大

ツイッター社CEOのディック・コストロの辞任、後任として同社共同創業者ジャック・ドーシーの暫定CEOへの就任が発表されたが、ある“パワーユーザー”が、Twitterがいかに素晴らしい存在になりうるかを思い出させてくれた。ラッパーにして敏腕ビジネスマンでもあるSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)だ。

「TwitterのCEOは、スヌープ・ドッグにおまかせあれ?」の写真・リンク付きの記事はこちら

ツイッター社のCEO、ディック・コストロが自身の辞任と、ジャック・ドーシーを暫定CEOに指名したことをTwitter上で発表した直後、ある「起業家」が、この仕事をフルタイムのボランティアで引き受けると割り込んできた。

Im ready to lead @twitter !! #SnoopforCEO

— Snoop Dogg (@SnoopDogg) 2015, 6月 11

このアイデアは、特段“クレイジー”なものでもない。

過去20年以上にわたって、Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)は、非常に苦しい状況にあるメディア/エンタテインメント業界がその人気を保ち続けるための能力が自分にあることを示してきた。彼の投資家としての存在感はいま、テック界で確立されたものになっている。

彼の「申し出」に対して、少なくとも1人のシリコンヴァレーのCEOが感銘を受けたようだ。テック業界をウォッチしていれば、その彼、クラウドストレージサーヴィス「Box」を手がけるアーロン・レヴィのことを知らない人はいないはずだ。彼らのツイートのやりとりは(当然ながら)140字に収まっているが、十分に刺激的だ。

TAG

BusinessEntrepreneurMusicSnoop DoggTwitterWIRED US