15歳の少女が「HIV検査キット」を発明!たった5ドルで救われる人がいる

写真拡大

15歳の少女の発明が世界を救うかもしれない。カナダ人のNicole Sabina Ticeaさんは、HIV検査をたったの1時間で行える簡易検査キットを発明した。妊娠検査薬のように簡単に使用することができ、しかも生産にかかる費用は5ドル以下と安価だ。

彼女は、2015年5月16日に行われた科学のオリンピックとも呼ばれている大会「Intel ISEF」で2位を受賞。50,000ドルの賞金を獲得した。気になるのは製品化までの道のりだが、すでに「One World Diagnostics Inc」という会社を設立し、投資家を募っている。特にHIVの簡易検査を必要としているアフリカのサハラ砂漠以南の地域に製品を展開できるように準備を進めている。

Reference:SocietyforScience

国連合同エイズ計画(UNAIDS)が発表した2013年末のHIV感染者数はおよそ3,500万人。更に毎年200万人以上新規感染者が増え続けている。もちろん感染に気づいていない人々も大勢いる。

アメリカ疾病管理予防センターによれば、若年層の新規HIV感染者の半分ほどは自身の感染を知らずに過ごしているという。13歳から24歳の人々だけでも、毎年5万人ほどの新規感染者が出ているのだ。

しかし、HIVに感染しているかどうかを知ることさえできれば、その発症を数十年単位で遅らせることもできる。彼女が開発した製品が普及すれば 、高価な設備や専門知識がなくとも、いつでもどこでも自分の手でHIV検査が行え、すぐに結果を知ることができる。その手軽さから、検査を行う人々も劇的に増えるのではないかと大きな期待が寄せられているのだ。

Top Photo by SFU - University Communications
Reference:SocietyforScience , UNAID , Centers for Disease Control and Prevention