メキシコ料理を家めし風にアレンジ。簡単「チリコンカン」は、ふたつのスパイスが決め手!

写真拡大

佐々木俊尚

佐々木 俊尚

作家・ジャーナリスト

美食でもコンビニ弁当でもなく、シンプルで健康的な食事を楽しむことが、これからの生活の軸になっていくと提唱。「家めしこそ、最高のごちそうである。』『新・家めしスタイル』の2冊の本で新しい家庭料理を提案している。

気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカンタン。豆料理「チリコンカン」を、手軽に作る方法をやってみましょう。
味つけが難しそうですが、最低限でも「クミン(クミンシードならなお良い)」「チリパウダー」のふたつの瓶詰めスパイスがあれば大丈夫です。

<材料>キドニービーンズ(水煮缶)・ベーコン(ブロック)・ニンニク・トマト(中サイズ)・玉ねぎ・オリーブ油・クミン・チリパウダー・塩・お好みで:野菜なんでも

用意する食材は、まずキドニービーンズ。水煮缶で大丈夫。豆が中心の料理なので、なるべくたっぷり用意しましょう。時間の取れる人は、乾物の金時豆を買ってきて前の日から水に漬けておき、ふくらんだところで1時間ぐらいぐつぐつ煮て…と、やるとさらに旨いです。面倒だけどね。
そしてベーコン。できればブロックのベーコンを買ってきて、ぶ厚く切った方が美味しくしあがります。それにニンニク、たまねぎ、トマト、その他お好きな野菜なんでも。あ、トマトはホールトマト缶でも大丈夫。

<作り方>
,泙坤縫鵐縫を潰すなり刻むなりてきとうにして鍋に入れ、オリーブ油をたっぷりめに入れます。大さじ1〜2。ここにクミンとチリパウダーも入れちゃう。小さじ1杯ずつぐらい。弱火で香りが出てくるまで炒めたら、ベーコンぶつ切りとたまねぎのみじん切りを投入。さらに炒めます。
△世い燭ぬがまわったかなと思ったら、ここに豆の水煮と、トマトのぶつ切りを投入。トマトは湯通しして皮むきしておくと食感がいいのですが、まあ無理してやらなくてもいいかな。ホールトマト缶だったら手で潰しながら鍋に入れましょう。飛び散るから気をつけてね。
ひたひたになるまで水を足し、あとは10分ぐらいぐつぐつ煮て、塩で味を付けて完成。

どう?超カンタンでしょ。トマトは湯通しして皮むきしておくと食感がいいのですが、ホールトマト缶を使用する場合は、手で潰しながら鍋に入れましょう。飛び散るから気をつけてね。できればブロックのベーコンを買ってきて、ぶ厚く切った方が断然美味しい!なるべく水分が少なくなるぐらいまで煮詰めた方が、それらしくて美味しいと思います。水分多いと単なるトマトスープになっちゃうので。
スーパーで売ってるトルティーヤをオーブントースターで温めてそえると、さらに「らしい」感じに。なければパンと一緒にめしあがれ。